利上げ予想加速する

利上げ予想が加速している。年内2回が3回へ。この調子だと4回へ?ダウの勢いが止まらないのなら今のうちにやってしまえと言うことか?いささか酔いがさめてくると恐ろしいことにもなりそうな予感がしてくる。しかし、慎重にも慎重を重ねるのではなかったのか?だが、そうなるとアベノミクスも復活するのだろうかね。ゴールドはここまでよく耐えている。私はそこそこ踏みとどまると思っているが果たしてどうか?

狂ってみるのも一興だが・・・

見た目は完全に株バブル化してきた。トランプが余りにも行儀のよいコメントをするもんだから好感してしまった。私はITバブルを見てきているが、本当の株バブルはこんなものではない。この調子で1年続いたら笑いが止まらなくなる。そして、ある日突然死するのである。これは笑えない。そんな雰囲気がある。さて、どうなるか?

問題の3月が来た

問題の3月がやって来た。FOMCは地盤沈下の元となるのか?まあ、確かにダウの高さばかりが目につきますからね。しかし、バブルというのはその最後こそが最も美しい。もう一伸びあるというのも十分あり得る。バブルが弾けるのはその時が来るまでなかなか分かりずらいというのが難点。FOMCが原因でダウが暴落したとなるとトランプから見れば格好のFRB叩きの材料に使われそうですね。それは面白いことになるかもしれません。

利上げするしないは・・・

3月に米利上げがあるかないかで揺れているようだ。一般に利上げ示唆は吹かしだとする見方が多い。これまでのFRBの動きから利上げのペースかなり緩慢になるものと思える。そうであれば今回は見送りの可能性は始めから高かったのかもしれない。だが、FRBが本当に利上げをしたいのであればもう時間的な猶予はなくなりつつある。それは次の景気後退期が近づいているようにも見えるからだ。見ようによってはどちらともとれる部分はある。私は元々利上げには無理があると思っていたが、頻繁に繰り返されるアナウンス効果は想像以上に効いている。果たして今回は・・・。

3月15日暴落説

3月15日暴落説がささやかれる。よく出てくるようなフレーズである。今回は一つ目に米国の債務上限問題の期限がまたやってくる。二つ目はオランダ総選挙。こいつは極右政党やポピュリストの台頭が進んでいることから、まさかの選挙結果がでるのではないかと見られている。そして3つ目が米FOMCで追加利上げを行うリスクである。一つ目はまたかとも言えるが、トランプが絡むと何が起こるか分からない怖さがある。二つ目はやってみないと分からない。三つめはFOMCが迫る中での株価の動きを見ると???となる。今年も暴落説は空振りに終わるのか?だが、トランプが何かをやらかす可能性はあるぞ。

トランプの政策はドル安に向かう?

ここまで円安ドル高に振れてきたが、トランプの政策は最終的にドル安に向かうとする見方がある。日本株が息切れしてきたのはそのためでこれからは米株高、ドル安、金高の可能性があるとの見方は起こりうるか?このセンは大事がないという前提での安全シナリオだが、さてどの程度の可能性なのか?

http://www.mag2.com/p/money/34264

迫りくる景気後退の足音

20170218.png

一見経済指標的には米景気は上向いているかのように見える。トランプが言うようにいかさま統計だという意見は当たらずとも遠からずと言ったところではないか。良さそうに見せてきているが、サイクル的にはいっぱいいっぱいのところに来ている。更なる利上げはかなり効くだろう。悪い方に・・・。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-02-05/OKTH3J6K50Y001

銅鉱山のトラブルに凍り付く

ここんところ銅価格は急騰している。インドネシアのグラスベルグ鉱山で銅精鉱の生産を停止。チリのエスコンディーダ鉱山での無限スト。この2大鉱山の操業停止は大きなインパクトを与えている。何年前だったかな。南アフリカのプラチナ鉱山でも同じようなことがあった。あの時は1年ぐらいでプラチナ価格は倍増した。ストなんてすぐに終わると思っていたら全然終わらない。意外と大変な事件である。

東芝の憂鬱

東芝の債務超過は笑い事ではない。米原発事業関連の減損損失は巨額である。優良資産の切り売りを始めたことから待ったなしの状況であることが伺える。社員数19万人の会社である。もし倒産するようだと社会的影響は大きい。シャープの時も大騒ぎしたが、その比ではない。経営者のミスはとてつもなく責任が重い。

日本はトランプに乗って大丈夫か?

かくして日米首脳会談は終わったが、上手くいきすぎてる感じもする。あまりにも丁寧にもてなされているので今後の要求がきつい場合にどう立ち回るのだろうか。恐らく重たい課題を突き付けられるのだろうな。アベノミクスとトランプノミクスは相いれない気がする。それをどうバランスしようというのだろうか?