FC2ブログ

国内機関投資家(QDII)制度を拡大

16日付の香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポスト紙によると、中国政府は、商業銀行に対して、香港の株式ファンドやデリバティブ(金融派生商品)への顧客資金の投資を認可する見通しだ。適格国内機関投資家(QDⅡ)制度を拡大する。

同紙が中国銀行業監督管理委員会(CBRC)高官の話として伝えたところでは、投資リターンの向上や為替リスクのヘッジが狙いという。

現行の制度の下では、リスクを最小限に抑えるため、銀行が顧客資金を海外で投資する際には、投資先は固定利付き商品に限定されている。

CBRC高官は、QDⅡ資格を持つ銀行は顧客資金を「QDⅡ向けの質のよい株式ファンドや投資商品」に投資できる、と話している。

また、同紙によると、QDⅡ資格を持つ銀行は、為替リスクのヘッジのため、中国や香港のデリバティブへの投資も可能になる、という。

同紙によると、QDⅡの下で、銀行は130億米ドルのうち95%以上を割り当てられているものの、顧客はリターンの低い商品への関心が薄いことから、銀行は割り当てのうちごく一部しか活用していない。

*面白くなってきたかな。良いタイミングでニュースを出してくれる。中国もやっぱり株高にもっていきたいわけだ。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#438 株高は大結構ですね。(笑)
ゴジラさん、こんばんは。

中国も良い取り組みをされてますね。

株高は大結構です。もっと思い切りやってくださいませ。(笑)

年末は皆さんで大笑いしましょう。
#441 イケイケ相場が来る
馬さん、おはようございます。

もう少しの辛抱ですよ。ついにイケイケ相場が来ますよ。
#442
つづき、予想なんですが、A株市場に流れる資金の一部を他へ流したいのでは?A株過熱が沈静化して香港市場と連動性が高まれば言うことなしでしょう。H株にとってはプラスでは?

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する