FC2ブログ

スイス・プライベートバンク活用術

最近読んだ本の紹介です。「資金3000万円からできるスイス・プライベートバンク活用術 高島一夫 マーク・ブルーム著」という本をたまたま本屋さんで見かけて読んでみたんですが、プライベートバンクがこんなに良いものとは思いませんでした。

本来は資産が少なくとも2億円以上ないと口座開設は難しいようです。これでもはした金と思われるようですが、彼らは資産100億円、200億円という資産家を相手に商売をしていますから当然といえば当然です。しかもツテがないと門前払いされる可能性が大きいようですね。口座開設者または代理業者に接触する必要がありそうです。また新興系のプライベートバンクなら3000万円ぐらいからでも口座開設は可能なようです。スイスの銀行は非常に魅力があります。

・安全性が高い。個人投資家の資産を預かり、それを減らさないように守ることと効率よく殖やすことを通じて顧客の子々孫々まで資産を継承することを主要業務としている。

・優れた商品ラインナップ。魅力的な金融商品が世界中から集まっている。すべての金融商品に対応が可能。外貨もすべてである。

私は香港の銀行に口座が欲しいと思っていたが、スイスも悪くないと思い始めている。興味のある方は是非ご一読を!
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#434 Re:スイス・プライベートバンク活用術
ゴジラさん、こんばんは。

中国株を始める前ですが、私も同じような内容の本を読んだことがあります。何でも、BNPバリバのプライベート・バンク部門の顧客の平均預金残高は、大体5-10億円位とか。ヨーロッパの金持ちが各種の政変・革命を生き延びてこれたのはプライベート・バンクの存在によるところが大きいと聞きます。

ただ、スイスのプライベート・バンクも潰れることがあるそうですからご利用の際はご注意を。後、最近は、シンガポールのプライベート・バンクも評判良いようです。
#435 勇気がいります
花公子さん、おはようございます。

プライベートバンクは一般の銀行と違ってお金を貸しているわけではないので潰れることはほとんどないはずですが、気をつけないといけませんね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する