fc2ブログ

銅の行く道はいばらの道

低迷中の銅価格だが、少し持ち直し始めている。それは供給懸念が出始めてる影響。ファースト・クアンタム・ミネラルズがパナマの鉱山の操業停止を警告したことが発端。パナマのデモ隊が鉱山への供給を妨害している。2022年のファースト・クアンタムの銅生産量は350438トンで銅の採掘業者としてはトップ10に入る。ペルーで五鉱資源が運営するラス・バンバス鉱山で起きたストライキも懸念材料となっている。国際銅研究会(ICSG)の10月4日付プレスリリースによれば46万7000トンの供給過多となることが予測されている。しかし、現実は非常に不安定な情勢で常に資源ナショナリズムやストライキ、環境問題にさらされて思うようにいかなくなっている。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#61281 銅の行方
 よろしくお願いします。
 銅鉱山は容易に採掘できるところは掘り尽くし、とんでもなく辺鄙な場所でしか新規採鉱できなくなりつつあるようです。
住友金属鉱山(株式を少しですが保有しています)が権益の25%を保有し、採鉱を開始した南米チリのケブラタ・ブランカ鉱山は標高4,400メートルだそうです。
さらに、ストライキや暴動なんて起きた日にはぞっとしますね……。
#61282 No title
隊長さん、おはようございます。

来年ぐらいからインフレ抑制法による猛烈な投資が米国で始まりだす。現在の予想は過小評価と考えています。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する