fc2ブログ

半導体戦争の行方

米国のやっている半導体規制は中国にとってかなり厳しい。あらゆるものに半導体は必要だ。特にAIにはエヌビディアの高性能なH100は必要不可欠だ。これを作っているのは台湾セミコンダクター。基本、エヌビディアは頭脳だけですべて委託生産。米国は絶対に台湾を取られるわけにいかない。世界の生命線が台湾という極めて地政学的リスクの高いところに位置している。このままでは中国は勝てない。台湾はどうしても必要ではある。仮に台湾を取ったとしても台湾セミコンダクターの工場は米軍が破壊するだろう。結局、中国は最新の半導体工場は手にできない。意味のない戦争になる。意外と中国には道がないことが分かる。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#61264 No title
共産主義の限界ですね。ある程度自由を認めないと技術発展できない。
#61265 No title
ケニーさん、こんばんは。

共産主義は指導者次第ってことですね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する