fc2ブログ

日本のポジションが重要

米中対決はきりがない。しばらくはこの状態が続く。勝負を決定づけるのは何か?それは日本の立ち位置である。米国には日本という同盟国がいることが、最終的に勝ちにつながる。経済力、軍事力もだが、先進技術力、地理的な問題などすべてが米国に有利に働く。もし、米国に日本がいなかったらかなり苦戦しただろう。逆に日本が中国側についたとしたら状況は180度逆転する。中国にないものはすべて日本で補完ができるからだ。米国の勝因は日本がいることである。もっと感謝しろよな。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#61213 No title
ゴジラさん、皆さんこんにちは

ひと月に2度目もコメントなんて、ROM専の名に恥じてます。^^;

>米国の勝因は日本がいることである。もっと感謝しろよな。

穿った見方をすれば、
1.アメリカは金利を上げアメリカのプレゼンスを下げず、
2.景気が腰折れしないために、日本に輪転機を回せさせ、
3.最後の尻ぬぐいは(平和なら)日本がし、
(戦争なら、敵国の)中国がし、
という感じがします。

(合ってても合ってなくても)
これはアメリカの戦略として考えたもので、
日本の戦略はどこにあるのか、ちょっと心配です。

・・・国家論はさておき、
その上で投資家はどうするか、ってことですが。

アメリカの金利が4%を超え、
超えてるにもかかわらず金は1900台を固め、
原油は80ドル超え。
(僕は、需給を除けば、原油は世界金余り指数だと思ってます。)

多分、何かの連立方程式があるんですよね。
解けないかなあー。笑

(不穏当だったら公開しなくて全然オッケーです!)
#61214 No title
akasakatenさん、こんばんは。

計算外なのはグローバルサウスの台頭。ここまで第3勢力が大きくなるとは思っていなかった。通貨発行量はドル、ユーロ、円、ポンドの方が大きいが、人口はあちらの方が圧倒的に多い。中東があちら側につくと計算外なことが起こりかねない。現状は米国が有利に見えるが、伏兵の動きには注意が必要。マネーは分散化の様相。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する