fc2ブログ

落としどころのないウクライナ問題

ゼレンスキー大統領は徹底抗戦の構えでNATOに入りたいようだ。それがプーチン大統領は許せない。安全保障上の問題になるからだ。米国自身は直接戦う気はない。そうなるとウクライナは消滅の危機が迫る。経済制裁はドイツとロシアにとっての打撃となる。天然ガスの玉突きは日本にも及ぶ。良いことは何もない。米国は口だけはさむが、後の始末はしない。と言うかやりそうがない。恐らくリセッションに突入する。そうでなくともインフレがコントロール出来ない可能性がある中で選択する道ではない。理想はウクライナのNATO入りを先送りすることである。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#60566 ウクライナの件
ゴジラさん、こんばんは。

田中宇さんの記事見ましたが、ロシアサイドの想いが
よく伝わる内容でした。
諸説どれが正しいとしても戦争不可避な気もしてきました。
#60567 No title
new-farmさん、おはようございます。

プーチンは話し合いの余地があるように見せているが、ポーズっぽく見えている。予断は許さない。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する