fc2ブログ

ハイパーグロース株は厳しくなった

株の減速が続く。利上げが早まりそうなので今までの勝ち組、ハイパーグロース株は厳しそうだ。今まで一部の値嵩株に集中していたわけだから、正常になるとも思えるが来年は物色対象が変わるだろう。テーパリングが始まったが、利上げが始まるまではインフレ率は高いまま推移すると見ている。問題はここから加速した場合どこまで行くのかというところ。テーパリングのタイミングは半年遅かったと思う。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#60424 No title
妙な資金供給で経済を持たせているだけとおもう。その逆をするわけだから、うまくいくか?
 資本投下ではないと思うから、経済はたぶん冷え込む。
生活困窮者が5500万人いるという、人口の17パーセントです。我が国もそれくらいいる。その人たちはどうなる。よくなる見込みはあるか?多分ないでしょう。
 先は何をしていいかもう誰も知らないと思う。その場でできることで、よくなるだろうと思うことをするだけでしょう。
 歴史的にみるとこのようなときは多分戦争が解決した。それがいいか悪いかは別として。
 Ai株を高値で売った人々はどのような人だろうか、その人々はその金をどこへもっていったか?投資へと持って行ったか?金へは多少行ったことはわかるがその金を売った人はどうする。この循環が壊れるから、高値で買った人々が苦境に陥る。それが逆に作用する。
 やはり資本主義の生理である、倒産を選択するのが一番ではなかったのでは?
 経済変動は弱いところに集中的にでる。個人でも国でも同じ。町内を見て推測すると20パーセントはある。
 やはり金本位制でないと制約が自動的に働かないから、人間の理性では無理かもしれない。
 バリックが18ドルになった。金は意外と下げていないけれども。生活必需品関係は意外と株価は下がらないと思うが、わからんね。
 
#60425 No title
kenjiさん、おはようございます。

人が権利を放棄するのは難しい。利権が大きければ大きいほど。トレンドがはっきりするまではゴールドや金鉱株は横ばい。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する