fc2ブログ

脱炭素の闇

インフレが止まらない。コロナにより生じたボトルネックは想像以上に長期化しており供給不足により価格高騰の原因となって思うように改善しない。しかし、それだけではない。今や世界は脱炭素で溢れている。石炭火力の多い中国は脱炭素化で発電量が減り停電に見舞われている。原油価格の上昇も脱炭素が絡む。今や油田開発に向けられる投資は激減している。エコではないからだが、このままでは将来が危うい。非鉄金属でも同様のことが起こっている。アルミは精練で環境破壊がつきもので中国国内でもたたかれ始めた。そのため採掘量とともに精練も行いにくくなっている。供給量が減っているため価格の上昇に直結している。原因はコロナだけではない。世界中の鉱山で環境問題が提起されていて裁判に発展しているケースも少なくない。現在の資源価格の上昇は簡単に収まるものではないと考えている。鉱山会社に対する投資は難しい局面を迎えているが、上手く立ち回れる企業は大きな利益を得る可能性もある。ハッキリ言えばハイリスクハイリターンで選別が非常に難しいと思う。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する