FC2ブログ

沈黙のゴールド

相変わらず沈黙の続くゴールドだが、むしろ不気味な感じがする。予想もいろいろあるが、2000ドル、2300ドルいや3000ドルぐらいは行くか?なんて、気楽なもんだ。1979年から1980年にかけてとよく似ている。あの時は240ドルぐらいが1年かけて850ドルになった。3.5倍くらいか。意外と想像を越えるかもね。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#60117 No title
ゴジラさま

その通りだと思いますよ
今は仮想通貨に資金が回っており
ファンドがそちらを向いています。
つまりマネーとしての見直しとゴールドの
立ち位置が脅かされています。
これは紛れもない事実で値段が下がっているのも
事実です。その不安がいつ頃まで払拭されずくすぶるのか?この前も書きましたがゴールドはある種、中央集権的な処があり、世界の中央銀行的にはゴールドの上昇は都合が悪いのでしょう。私なりの理由は有るのですが長くなるので割愛しますが下値もまた操作されると思いますのでこのまま暴落して終わるというものでもないと思われます。デジタル通貨を世界の中銀が真剣に取り組んでいる中でマネーとしての位置を確立しようとしている動きの中で、対抗するゴールドは置き去りにされるのは
今は仕方ないことですね。事実仮想通貨は暴騰してゴールドは下落中ですからね。ことシルバーとプラチナは興行的に需要が拡大しますから時価総額が向上する方向になるのは分かります。一番怖いのは、ゴールドの立ち位置がマネーとしての立場を失うことです。それはさすがにないとは思いますけど。デジタル通貨にどこまで価値をつけていくのか?両替屋はぼろもうけですから簡単にはマネーとしての立ち位置は終わらないと考えます。
ウオレットや仮想通貨に対するプラットフォームなどの技術革新も今は盛んですから仮想通貨に関わる産業はそうとう反映しているのも事実です。
仮想通貨とは価格の上下だけではなく、運営していくための産業も盛んになっております。先にも書いた通り、両替屋、ウオレット開発、プラットフォーム開発、マイニング技術開発、その他の技術開発などで稼げるお題はいくらでも。XRPなんて中央集権詐欺ですからね。あの値動きを見ていると似ている要素が有るだけにゴールドも中央銀行と深くかかわりを感じます
#60119 No title
DAWINさん、おはようございます。

人の創ったものはいつかは無になる。人の歴史は繰り返してきた。そしてこれからも。人の通貨の歴史は浅い。デジタル通貨はさらに浅い。人は間違いを犯す生き物ですよ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する