FC2ブログ

全年齢致死率0.4%?

新型コロナの致死率が低いだろうとは思っていたが、徐々に明らかになってきた。CDCの発表によると米国では全年齢致死率が0.4%。49歳以下で0.05%。基礎疾患がなければほぼ亡くなることはない。緊急事態宣言が過剰反応だったことが明らかになった。私が当初から言っていた通常の感染症の対応で良いというのが正解だった。分からなかったこととはいえ、過剰反応の程度が酷すぎた。経済の壊され方が尋常ではないからだが、誰が責任を取るのだろうか?マスコミに大きな問題があることは言うまでもないが・・・。

https://www.mag2.com/p/money/923739
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#59557 No title
>私が当初から言っていた通常の感染症の対応で良いというのが正解だった。

でしたね。今から見ると医療関係者のプロはしっていたと思うが、それはたぶん表明できなかった。利口な人がおおいですから。ある種のモップ状態でしたから。
 とにかくこれで、二十世紀初めから続いた流れが、とまり、次はどこへ行くかでしょう。
 貧富の差が激しくなり、貧困層へ落ちる人が増える。我が家も例外ではない。
 日本は実情をよく知る人が、発言できなくなる状態が生じることが多い。
 大東亜戦争前においても、<アメリカ、打つべし>という意見が生じたが、アメリカから帰ってきた人は国力の差は十分知っていたが、モップ状態の当時の国民が尋ねても、答えることができなかった。<勝てるわけがない>というとそれこそ、なぐられたかな。
 それでいて、一般市民は無関心ではないがそれに似た状態でありながら、実情はよくしっていたが、問題はその知っている状態です。ちょうど今の医療保険の問題と似ている。これが維持できるかというと、多くの人は尋ねれば答えるでしょう。
 その答えを明快に考えずに、まあいいかでおしまいです。
そのため後で見ると、皆知っていたように見える。
 今回において、kenjiが最初に知ったのは9月の半ば頃、中共の南部で原因不明の肺炎状態の病気が生じているでした、その後その情報はなくなり、突如として12月に表に出てきて、その後武漢封鎖にまで至った。
 今はなぜ封鎖をしたのか?病気についてはよく知っていなかったからか?
 なにかあるなとは思うが、錯誤の連続が生じたに過ぎないかもしれない。つまり戦争です。
 戦争だと判断して、行動をしないと、生存は維持できないとみている。国家も同じです。
 
#59558 秋までか
やはり金融危機までゴールドは一休みですね。
#59560 No title
kenjiさん、たけるさん、こんばんは。

kenjiさん、騒ぎになった時点で何も言わなくなる。下手なコメントをするとたたかれるからです。マスコミの罪は重い。

たけるさん、落ち着いてしまったね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する