FC2ブログ

パーティーの時間が近づいているぞ

カリフォルニア州公務員退職年金基金(カルパース)のリード最高投資責任者(CIO)は、資産を米国株式から国際的な投資にシフトさせることがリターンの改善につながるとの考えを示した。CIOは、全体の資産に占める米株投資の割合を40%から24%に減らすことが選択肢のひとつとして考えられるとした。現在のポートフォリオの内訳は約40%が米株で、20%が米国以外の株式である。

もう一つの選択肢は、米国と米国以外の株式の保有率をそれぞれ30%以下で均等にすることで、リードCIOは「今後10年間で米株と米国以外の株式の保有率を均等にすることは妥当といえる」と述べた。カルパースの取締役会は12月17日に開く会議で、今後3年間の資産配分について決定する。

来年以降のBRICSへの投資配分が大きくなる可能性が高くなったと言える。年金基金だけでなくSWF、ヘッジファンド等怒涛の如く流れ込んでくることに期待したい。パーティーの時間が近づいている。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#1580
NYダウ大高騰!!。

マ~~ズイなぁ~。
パーティー券をまだ買ってないのに(涙)。
#1581 まだ、わかんない
ラージャさん、おはようございます。

まだ、早いと思うけど。疑心暗鬼にさせるところが今回の難しいところ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する