FC2ブログ

一向に改善の見られないNY

米金融・債券市場は、大幅上昇。クレジット市場の一段のひっ迫を受け、安全資産とされる債券への資金シフトが見られ、10年債の利回りは約3年半ぶりの低水準をつけた。NYダウは前週末終値に比べて237.44ドル安い12743.22ドルで取引を終えた。

昨日の香港は外国人投資家なしの単独飛行だったのかな。今日の反応は重要になった。下げるとは思うが、どの程度で持ちこたえるか。後場でプラスに転じれば理想的であるが。

目新しい動きとしては今月初めてではないだろうか、金ETFが約2トンほど買われている。やっとこちら側に動き始めたかな。まだ、なんとも言えないが継続することを願いたい。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する