fc2ブログ

平成は名残惜しいが・・・

私は昭和生まれだが、平成のすべてを生きてきた。まっこと名残惜しい。来週は新元号が公表されるが、噂が尽きない。この30年は投資家にとってもいろんな事が起こった。個人的にはITバブル崩壊が鮮烈だったが、米国住宅バブル崩壊も印象深い。個人的には中国バブルで美味しい思いをしたが、現在はまったり感が強い。新時代はどういう時代になるのか興味が尽きない。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#57745 1842年
占星術では、火・土・風・水この4大元素を約160年から200年かけて移り変わります。
前回の火のエレメントから土のエレメントに移動したのが1842年、日本では天保の時代です。
幕末から現代まで、振り返ると正に土のエレメントだった様に思えます。土の中のエネルギーを奪い合い、領土を奪い合い、土の中のエネルギーを採掘し生活は格段に豊かになった。ウランなどの弊害も有りました。
幕末から色々な様式の建造物が造られましたが、焼け野原となってから凄まじい復興を遂げ、ブルドーザーと呼ばれる首相が誕生し、日本全国に多くの建造物、箱物が建築され、近代建築が日本を覆い尽くしました。
昨今流行のタワマンなどと言うのも、土の時代を象徴する近代建築の最終的な不気味で究極の建造物のように感じます。
2020年12月木星・土星・冥王星のコンジャンクションにより178年続いた土のエレメントが終わりを迎えます。2021年から風のエレメントに移行し。また200年近く風の時代となります。
その前の20年~30年前に風のエレメントを予告するような事が起きます、それは次の時代のCM的なモノです。
情報や通信・知識の共有が大切にされ、人や物の移動手段もよりスピード化されるでしょう。ドローンなども更に進化するでしょう。
今はグローバル化が否定されていますが、おそらく国境と言う概念も無くなると思われます。
日本に留まらず、これからの若者は世界に活動の地を求められる時代になると思われます。
まったく異なった価値観に変化し、生活様式も全く異なったスタイルに変化していく事でしょう。
#57746 No title
silver dreamerさん、こんにちは。

土よりも風の方が聞こえは良いよね。まさに新時代が来る気がしてきました。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する