FC2ブログ

金利の動きは正直か?

今回のイールドカーブのフラット化は素直な動きなのか?それとも騙しなのか?素直に考えれば景気が悪くなっていくことになりそうだ。要するにFRBのスタンス変更は間違っていないことになる。つまり利上げはないし、逆に利下げの可能性すらあることになる。我々にとっては好都合だが、どうも素直に喜ぶ気になれない。なぜだろう?
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#57741 No title
ゴジラさん今晩は。
名もなき人からも良くモテますね。(笑)
表現さえ工夫すれば良い問題提議者ですけどね。
まあ金融そのものが危機的である事は違いないので、私も今回中国株で先行き見込めないものは処分し、また上げすぎた物も部分的に売って現金比率を上げているところです。
そりゃいつかは大きく調整があることでしょう。
しかし紫金は増やすことはあっても一株たりとも売りませんね。
どこ発の株崩落がきても金鉱株であれ一時的には下がるでしょうが、復興までの時間軸で考えれば問題になりません。

株の時価総額と同程度のキャッシュがあれば崩落はチャンスにもなります。
日本のバブル崩壊、ITバブル、リーマンの時も結果的には少しづつ資産を増やしてきたので請負ます。
支配層の計画は当人しか分からないでしょうが、IMFのラガルド女史が理事長になれたのは習近平の桁外れのバックアップによるものであるとか、プーチンの政治資金はウォール街からの調達がほぼ全てに近いなど一面からだけ見ない事ですね。
最近では中国がまた米国債を大量に所有しています。
本当はそんな金があれば、こっそり購入している金現物に上乗せしたいところでしょうが一気に売ればイールドカーブを操作できるよと武器になってます。
米中で金が手頃に安定してないと困る。(一方は基軸通貨維持のため、一方は金の果てしない備蓄のため)
そのことでゴジラさんが退屈そうなのは気の毒ですが、逆説的には有難いことです。
今年の紫金の配当は0.1元ですが(高配当ですよ)、何年か前に5割無償した時も同じくらいだったので確実に貢献してくれてます。
今まで紫金の配当の3/1は現物、3/1は紫金の買増し、残り3/1の半分を他の銘柄を購入し、半分は遊びに振り向けてましたが、今年は現物と紫金に集中します。

米国には1000ドルの現金が用意できない層が山ほどいます。
個人的には金融の緩和しか残されてないと思います。


#57742 No title
アヒルさん、こんばんは。

このサイトの不思議なところはレアキャラの中に意外と切れ者が多いことです。またの登場をお待ちしています。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する