fc2ブログ

ゴーン・ショックにみる世の怖さ

ゴーン・ショックは世界中に轟いた。いろいろ諸説が流れているが、やっぱり裏はあるのだろう。ルノー・日産の統合は国益喪失に他ならないが、この事件にほっとした国民も多いのではないか。この事例は日本だけではなく多国籍企業であれば同様の問題は起こるのだろう。基幹部門の本国移管は十分起こる得る。アメリカファーストのような風潮が世界中に根付くと恐ろしいことになる。今回の日産の拒否反応は分からないでもない。まあ、隙を見せたゴーンも迂闊と言えば迂闊だが・・・。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#57242 No title
ゴーンさんの件はちょっと置いて、昨日ネット上でレイ・ダリオの著作が紹介されていた。スペルを間違っている。正しくはBig Debt Crises。アマゾンで販売中。Debt Crises PDF Ordersで検索すると無料のPDFもある。この本は各国中央銀行で読まれているとの情報あり。

余談だが、先日のトランプ大統領に対する日本人記者の質問がひどかった。彼の英語を理解できる米国人は一人もいない。トランプは親切にも助け船を出していたのに、それすら理解できずに人種差別だと怒っている日本人が多かった。米国駐在員を一人置けば、本人関連で年間最低3000万円、さらにオフィス費用、出張費用、交際費などで最低5000万円。実際には7000万円くらいだろう。その経費に見合う記者を送り出せていない。発展途上国の記者より悪質。

#57243 No title
Gさん、おはようございます。

この手の記事はなかなか当たらないが、この人はどうなのかな。
#57244 No title
この問題はいろいろな要素が絡み合う複雑な事件なんでしょうね。
これを機に仏国について調べましたが、印象がかなり変わりました。
昔、仕事の関係でその領域のことは知っていましたが、
国全体を見渡すと普通の農業国ではありませんね。
今後も要注意ということです。
#57245 No title
JTさん、こんばんは。

出来れば日産は日本に取り戻したい。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する