FC2ブログ

デフォルトさせる可能性

世界はドルに依存している。ドルがなければ世界が回らないと言って良い。最近は、ドル依存からの脱却の動きも見られるが、なかなか難しいのが現状である。そうした中、トランプは強引に米国をデフォルトさせる可能性はあるが確信は持てない。デフォルトさせるリスクも大きいからで現在の覇権国は米国であるが、その地位を狙っている国は存在する。デフォルトさせたのちスムーズにシステムチェンジを行い速やかに立ち上げるには巧妙な前後策が必要で、すでに隠しワザが存在しているはずである。なかなか想定は困難である。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#56662 No title
ゴジラさん、Darwinさん、おはようございます。

早送りでみたが……

>中国は戦争をやめた。
ゴールド、銅や売っている。
憶測だけでいい張るのは、2チャンネル並みですね。
はっきりと資料を提示すべきだ。(原油も下がるのでは)

私の見解
今回の貿易戦争は「米中の覇権争い」ではないでしょうか。
「中国製造2025」「最強のIT国家」「知的財産」
「中国の不公正貿易慣行、「経済構造」
………とかいろいろ言われていますが………
◉私は今年中に「原油を元建てで輸入」
しようと考えていたからではないですか?
日経にははっきりと理由が掲載されている。
参考
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2856643026032018EAF000/
https://jp.reuters.com/article/china-oil-idJPKBN1H60XA

元建てで輸入できるプレシャスメタルやベースメタルは元安と同時に下げました。
(人民元ペッグ説の根拠)
原油の先物市場は3月に開設されたのに
人民元建て輸入できない原油は別の動きをしています。

人民元ペッグ説はどの状況でも成り立つわけではないと思います。
新興国通貨<人民元<米ドルのドル高局面の時だけです。
新興国通貨が強くなれば人民元に関係なしでゴールドは上昇するでしょう。

最後にドル崩壊は「ドルが地域通貨」になる事だと考えています。
地域と地域を結ぶにはゴールド(シルバー)が手助けになるのでは。

時期は2020年以降、
根拠はトランプ大統領再選までは無理しても米経済を支え続ける。
#56663 行き先の見えないジェットコースター!
ゴジラさん
アルゼンチンも金利60%となり逼迫して他の途上国は軒並み赤信号が灯った様です。
中国も黄色信号が点灯しているのでこの秋は非常に重要な局面になると考えます。
みなさん!シートベルトをきつめに締めといた方がいいのかもしれません。
行き先が見えないジェットコースターに乗ってしまったのかもしれません。
#56664 部分的デフォルト
もし自分がトランプ大統領であれば、財務長官に極秘任務として、某国の持っている米国債だけをデフォルトさせる研究をやらせる。米国の安全にかかわる場合は可能。それと全面デフォルトでは危険すぎる。あの財務長官は1年前フォートノックスを視察。目的は日食観察だったそうで。そんなバカな(笑)。彼はいろいろと隠密行動しているかも。

#56667 No title
 よくわからないが、アメリカという国は自分も困るが相手も困る、その状態をつずけて、相手に打撃を与える。そしてその後に勝つという戦略をとると思う。その打撃のやり方は色々あり、条約ですることもあるしまた、法規制ですることもある。
 それは国内でも同じでしょう。
世界秩序、具体的にはポツダム、自由貿易体制の変更でしょう。核保有国の変更でしょう。
 わが国は簡単で、たぶん黒田氏の後任を引き受ける人がいなかった事実がものを言う。
 仮に一オンス10000ドルと公定価格を決めたとしたら、何が起きるか?
 ハイテク製品の高騰で、それは日常生活に大きな影響を与える。
アメリカは好き勝手をすることだけは確かですね。
 今の状況は戦前のアメリカ政府とアメリカ軍部の対立とにて、政府と経済界の対立ということですか?
 崩壊後もアメリカですよ。支那文明と西洋文明は根本が異なる。
中共は農業国でないと維持できない。アメリカ、ヨーロッパは工業国で維持できる。
 では我が国日本は何で維持できるか?
ここが日本とイスラエルだけが一国文明である自己認識の元だと私は思う。
 なぜ我が国が之だけ経済的に繁栄できたか?
この疑問の回答の手だすけとしてのひとつに、世界に先駆けて堂島に公設の先物市場をつくって、運営した、しかも民間で、がある。

 先日偶然アルファ碁の仕組みを聞いた、テレビゲームの初期にあった、ブロック崩しと原理は同じとの説明だった。あれもAIでゲームをさせて、(ディープラーニング)勝つわけだが、碁盤を画像認識して対処するそうです。そして阿弥陀くじをして、悪いものを排除して、のこった物を使うようです。大量のデータの蓄積が必要だそうです。
 碁は手が多くあるが先物は買うか売るか。しないかの3けしかない。色々考えていたが、間違った理解があった。やはり勉強は必要ですね。アルファ碁は次の手を考えるのではないと推測した。では何か、ここがいまいちわからない。

 阿倍政権はというより自民党政権はその成り立ちから考えると、トランプ政権には立ち向かえない要素があると見ている。
 いいのかなあと思う。
#56670 No title
miranimukete2020さん、ケイタさん、Gさん、kenjiさん、こんばんは。

miranimukete2020さん、手厳しいですね。面白いことも言っているが、言い切るにはデータ不足ではある。

ケイタさん、新興国はちょっと異常な状態ですよ。

Gさん、いろいろシュミレーションしてるんじゃないかな。

kenjiさん、前半面白いことも言っているのだが、最終的に脈絡のないところで終わるのはコメントに困りますよ。お願いします。
#56671 No title
確かにエビデンスを踏まえての説明がなされない限り
信用度は低いものですよね。
ただ、2003年以降から彼の説明を見てきましたが
エビデンスなしの説明であっても的は得ている流れが起きているのも事実であります。1%の狂いもなく当てっていませんが、大きな流れはその通りだと実感いたしました。
彼に対する建設的な反対意見も非常に参考になります。
自分はここまでゴールドが弱いとは8割思っていませんでした。もしあのラインを抜けたら?というのが2割でしたからその2割が現実のものとなり、俄反発でさらなる下落を感じます。これは、ゴールドだけが人気なくというのも間違いで、世界の金融システムが崩壊に向かっている影響なのかもしれないと感じております。トルコの通貨危機で大騒ぎしておりますがその裏では南アフリカも同様の事が起きておりベネゼイラもしかりです。また欧州株が軒並みベアトレンドにて日本も円高基調いえるトレンドに入っております。円はトルコの下落初期段階とよく似たチャートなんですよね。今やトランプのツイートで日本の経済を操れる事を許した安倍ですから。纏めますと世界の資金が米国に逃げており他の国から資金が引き上げられている流れが今年は起きていると思います。そこにゴールドが巻き込まれていると見ております。死海文書によると2018エルサレム奪還と記述が有るようにトランプは自らメシアと称し何かを仕掛けているかと見えます。イランはシリアに昨今ミサイルを配備しており、米艦隊は中東沖に集結しております。間もなく始まるのではないかと警戒中であります。中間選挙で人気をまとめるならエルサレム絡みの戦争が都合よいかと。他国も通貨危機や貿易戦争などの影響で経済が弱っている時は戦争を反対しないものかと思います。まさにカオスですね。嫌な世の中です。
#56672 No title
ゴジラさん、こんばんは。
https://jp.reuters.com/article/china-crude-oil-futures-analysis-idJPKCN1LG0YS
米中貿易戦争はこれからが本番ですね。
#56673 No title
Darwinさん、miranimukete2020さん、こんばんは。

Darwinさん、丁寧なコメントに感謝いたします。重要な提言ととらえております。

miranimukete2020さん、中国は事を急ぎ過ぎている感がある。
#56674 No title
 産油国が元を受け取るのかな?いつものように大仕掛けな支那人のすることではないか?
 資金がアメリカへ流れるというが、それは為替の変動に現れる。トルコに貸したドルは、依然としてアメリカにあり、支払いの原資もアメリカから得る必要がある。そのアメリカが市場を閉鎖したら、どのようにして返済原資しかも為替が大きく下落した後のドルをどのようにして稼ぐのか?
 それもアメリカは承知でしょう。その上でのリラ下落です。怖いですね。
アメリカ国債を売って、ドルにしてもそのドルを何に替えるのか。替えた通貨は何に使えるか?
 その昔収容所においてタバコが通貨代わりになった記述を読んだ。その後収容所が閉鎖になり、タバコが通貨として通用しなくなった。その時の負債はどのようにして返済となったか?
 問題となったのはタバコではなく負債の担保です。デフォルトがおきたわけですが、その後の展開において何が重要だったか?何が起きたか?健康と知識と何ができるかと人脈がものをいっただけです。
 
#56675 米中貿易戦争は休戦?
こんばんわ、久しぶりに投稿します
今、発売中の週刊エコノミストの最後の方の記事は中々良い視点ですので、可能であれば多くの人に見て欲しいです
米中貿易戦争に限らず、ここ半年のアメリカの経済政策は全て国内の中間選挙を睨んだものと解釈すると、割と理解しやすい
まずは中間選挙の予備選挙で、大統領の政策を理解する候補に勝って欲しい、だから白人中間層に受けの良い政策をする。それから、党内候補が決まると、今度は広い支持が欲しいので、拡張的財政政策に持っていく。

全てはアメリカの国内政治を睨んでのこと
エイペックは休んで副大統領が行くあたりにそれが出ている
となると、北朝鮮に対する強硬姿勢も後少しで終わる

以前は、秋から2月頃にかけてゴールドの価格暴騰が良くありました
今年は、売られ過ぎの感ありですので、期待できます
財政的にはもう一段苦しい国もあるけど、別段誰も困ってないのから、そこがデフォルトしてからの話でしょう
仮にその国がデフォルトしても、通貨の額面が変わるだけです

#56676 No title
これを見れば米中貿易摩擦の先行きが分かると思います。
為替の自由化及び共産主義体制の崩壊懸念。
つまり中国が分裂する危険性ですね。
その時コールドの立ち位置がどうなるのでしょうか?
自分は金本位体制に基づく思考が強くなると思うので
ゴールドの需要が伸びると思うのですが
何方にしても中国の体制が揺らぐ出来事が始まっているので貿易摩擦は米国はイケイケで攻めると思います。
まだまだ中国市場は暴落の一途をたどっている最中なので
リスク資金の引き上げ状態が続くと見ます。
習近平の失脚だけでも大ニュースですよね次に
為替の自由化です。
https://www.youtube.com/watch?v=ZBUzyU1EGa0
#56679 No title
kenjiさん、大河の一滴さん、Darwinさん、おはようございます。

kenjiさん、産油国に人民元が通用するかどうかは微妙です。

大河の一滴さん、米国ファーストではなく選挙ファーストははた迷惑なかぎりです。

Darwinさん、現状ではゴールドの立ち位置ははっきり見えてこない。うっすらと出も見えてくることを祈っていますよ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する