戦う意思がないことが見え始めた北朝鮮

トランプの脅しに狼狽えた北朝鮮は戦う意思がないことが見え始めた。どうやら思っていたほど強硬派ではなかったのかな。このままではトランプのペースである。北朝鮮に起死回生の手はあるのだろうか?弱者が手のうちをさらけ出してしまっては勝ち目はない。良いようにされてしまうのだろうか。これではあっけない幕切れとなってしまうが・・・。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#55968 No title
無理ですよ、北の兵士の身長が確か平均150です。それで十分ですよ。この後のほうが始末が悪い。適当に存在をさせておくことがいい訳で、朝鮮は南北に分かれているが、我が国も似たようなものですよ。北米市場を閉鎖されたらそれでおしまい。その状態を3年も続ければ、その打撃は計り知れない。結局北と同じです。
 ここをよく理解して、ダメリカなどといって北と同じような精神ではお陀仏間違いなし。多くのアメリカ批判はその程度のものだとおもっている。アメリカの経常赤字も軍事貿易は表に出ていないし、アメリカ企業の収支も表に出ていない。経済の認識を変えればアメリカは依然として黒字ではないかと思う。
 アメリカが北を攻撃するかしないかは我が国の決断にかかっている。ミサイルも核も認めないといえば、攻撃しかない。段階的といっても、従軍慰安婦の合意を見ればとアメリカに言えばそれでおしまい。どちらにしても我が国にとって、軍事攻撃しか道はないと私は思っている。問題はその後でしょう。税負担が2兆ですめばいいが、北の人口から計算すると一人当たり8万ですから無理でしょう。20兆でしょうかねえ。国内の南北朝鮮籍の人々の資産を使うことでしょう。それができなければ、我が国は貧困化がさらに進む。私はそれを自業自得と見ている。いずれにしてもその先を見据えることです。先物の動きが何か変ですよ。
#55969 愚かな日本の支配者たち
強硬派の大日本帝国の残党は、ほぼ始末したということでしょう。
最初から、戦う意味のない、勝ち目のない戦争を仕掛ける馬鹿はいない。
それより、米国の軍門に下り、核や弾道ミサイルを持たせた日本の支配階層を強請り、莫大な援助をせしめたほうが利口である。
そして、負債だけが日本国民の廻されるはず。
恐らく、必要のないICBMは廃棄するが、日本向けの核、中距離弾道弾は隠し持つだろう。
日本国中に、工作員は五万と居り、やろうと思えば日本を滅亡させることも可能である金正恩の思いのままである。
北系の怪童が特権階級であり、警察、官庁に深く食い込み絶大なる権勢を誇る姿を見れば、この国の真実の姿が見えてくる。
国会で、御所の黒いマリア様の名代人辻元清美が大きな顔をしているのを見れば、すでに日本は北の支配下にあることもわかるはず。
#55970 No title
kenjiさん、路傍の石さん、おはようございます。

この手の記事になると元気ですね。あまり脱線しないようにね。
#55971 NY金6月限りでは1300ドル割れだが………
ゴジラさん、みなさん、こんにちは
◉NY金は6月限りから8月限りに移動します。
NY金6月限りは1300ドル割れですが、8月限りは+5ドルで
8月限りは1300ドルを維持しています。
#55972 イタリア金利急騰
#55973 No title
mirainimukete2020さん、名無しさん、こんばんは。

mirainimukete2020さん、まだ微妙なとこにいますね。

名無しさん、ここにきて何の前触れかね?
#55974 No title
ゴジラ さん、この手の記事だけ元気になる訳ではありませんよ。
金価格の目先の価格変動等には興味が無いからです。
株価同様価格操作がされているのですから、
至近の金価格予想など意味がありません。 
金価格が高騰すべき時に下落すれば、まず何が起こっているのかと、考える方ですので。
下流に流れる水が、上流に向かって流れれば、
大津波が来ます。
将来、金が貨幣制度で大きな役割を演ずることは、中国やロシアを見れば解るはずです。
戦時中、日本軍の作戦は米英や中国には筒抜けでした。
例えば、安岡 正篤を通じて蒋介石や毛沢東は日本政府中枢と同じように情報を得ていました。
安岡 正篤は昭和天皇の終戦の詔勅に手を加えた男でもあり、平成の名づけ親でもあります。
ロシア(ソ連)は共産党、社会大衆党、近衛文麿とそのブレーン、ソ連シンパを通じて、さらには朝鮮族や満州人を日本国内に送り込み情報を得ていましたね。
中露も米英同様、情報の収集力は決して侮れません。
その中国とロシアが必死に金を集めているのですから、
将来、金が重要な役割りを為すことは間違いないでしょう。
中露は、オバマやヒラリーも抱きこんでいましたから、
米国の情報は日本以上でしょう。
中国、ロシアの金保有量は公表されたものより、
はるかに多いはずです。
イタリアでも、反ユーロ政権が出来たようですので、
ユーロもそう長くは無いでしょうね。
ドルが残るのでしょうが、、、

#55977 No title
路傍の石さん、おはようございます。

目先の価格変動は究極の暇つぶしのようなものです。ネタが少ない証拠です。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する