FC2ブログ

先週の金価格

5月   London   NY(COMEX)
7日           1313.60
8日   1306.60   1314.20
9日   1313.85   1312.20
10日   1318.80   1321.20
11日   1324.35   1317.90

*何とか下げずに来ましたが、盛り上がりに欠けます。まだ、微妙なところから完全には脱せません。金ETFは6.49トンの減少とまだ分からんぞと言っているようだ。様子見の1週間か?

*金ETF残高1159.59トン(5/13現在)exchange-traded gold securities
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#55879
ゴジラさん、こんばんは。
金の価格が飛び上がる時はパンドラの箱が開くときなのかもしれません。
だから、このまったりとした時は平和な時なのかもしれません。
平和の余韻を楽しみたいと思います。
#55881 No title
muku猫さん、おはようございます。

今のままで良いという気持ちが幾分ありますからね。世は難しい。
#55884 6月は重要な月になりそうだ
ゴジラさん、おはようございます。
中期の見通しは弱気継続絵です。
シルバーの反発に比べてゴールドは弱いですね。
やはり、ゴールドはシルバーに追随しなかった。

再度下値を試すのか、2番底、3番底を確認して上昇するのか?
2つにシナリオ
①ゴールドは弱気のサイクルになり1/2戻程度で天井をつけるのでは
来週頭までに1340ドル前後まで上昇後、下値を目指す。

②1310ドルを維持できず再度安値を試すか?
(ゴールドが1310ドルを維持しているが限り、高値更新の可能性はある。)
◉今週は1310ドルを維持するか1327ドルを超えるか?

6月のFOMCは重要になってくる。この声明いかんでは年4回の利上げが見えてくる。最近ドル高傾向なで、私は米国のインフレ率は下がると考えているが
結果を見ないとわからない。
6月12日の米朝会談で非核化で合意ならゴールドは売られるのでは。
(現状はゴールドが大きく上昇する可能性は低い。
ゴールドのサマーラリーはトランプ大統領にかかっている。)

https://jp.reuters.com/article/column-forexforum-naoki-murakami-idJPKCN1IE07E
株式は予想通り、戻り高値を目指す展開になってきたが………自信があった
高値更新するかどうかは市場次第。私はユーロ市場は高値更新は難しいと考えている。
#55885 FRBバランスシート資料
米国金利の動向を解析するための基礎資料です。まとまっていて便利ですのでどうぞ。元記事
https://www.zerohedge.com/news/2018-05-12/there-will-soon-be-terrible-price-pay-hubris

[1] 米国債保有残高全体の推移
https://www.zerohedge.com/sites/default/files/inline-images/download_5.png
参考:FRBが各金融政策(QE1, QE2, QE3, operation twist)を実施した期間
http://www.realforecasts.com/wp-content/uploads/2014/01/Fed-Funds-Rate-and-Federal-Reserve-Balance-Sheet-2007-20131.png

[2] 償還期限ごとの保有残高推移
構成比が良く分かる表示
https://www.zerohedge.com/sites/default/files/inline-images/download%20%281%29_6.png
各償還期限別の推移を分かりやすくした表示
概略版
https://www.zerohedge.com/sites/default/files/inline-images/download%20%283%29_6.png
詳細版
https://www.zerohedge.com/sites/default/files/inline-images/download%20%282%29_6.png

イールドカーブ全般の管理について、FRBの目指す方向が透けて見えるデータですね。

[3] 国別の米国債保有残高の推移
全体
https://www.zerohedge.com/sites/default/files/inline-images/download%20%286%29_4.png
現在は米国内(domestic)の保有比率が圧倒的。この間も米国政府が大量の米国債を発行していることに注意。

米国外の保有状況
注:BLICS とはBelgium, Luxembourg, Ireland, Cayman Island, Switzerlandのこと。
https://www.zerohedge.com/sites/default/files/inline-images/download%20%284%29_7.png
BLICSの内訳
https://www.zerohedge.com/sites/default/files/inline-images/download%20%285%29_5.png

[4] 米国内の保有主体
https://www.zerohedge.com/sites/default/files/inline-images/download%20%287%29_4.png
保有はmutual fundsと”other”が主体。
注:otherとはindividuals, GSE's (government-sponsored enterprise), brokers/dealers, bank personal trusts and estates, corporate and non-corporate businessなど。

[5] FRBによる米国債保有残高とFRBにおける金融機関の超過準備の残高の関係。
https://www.zerohedge.com/sites/default/files/inline-images/download%20%288%29_3.png

QE終了後の超過準備の減少分(7500億ドル=80兆円程度)に相当する資金は金融市場へ供給された(隠れQE)。著者の元々の文章は以下の通り。

Clearly, since QE ended, excess reserves are finding their way out and into the economy (effectively pure monetization that is leveraged maybe 2x's to 8x's...thus $700+ billion turns into $1.5 trillion to $6+ trillion in new hot money since QE ended).
#55888 No title
名無しさん、こんばんは。

前々から言われてきたことだが、ここまで大きな問題にはならなかった。果たしてこのアキレスの踵が致命傷になる日はいつなのか?
#55891 No title
図表を見て
よくわからないが言われているようなアメリカ国債の暴落はないのではと思った。国力が違うなあと思った。
 アメリカも困るがそれ以上に外国が困る。之に尽きる。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する