レバレッジ10倍規制は是か非か

金融庁は年内にFXのレバレッジを10倍に引き下げることを検討中のようだ。個人的にはFXには興味がないので無関係ではるが、かなり話題になっているらしい。店頭FXの年間取引規模が5千兆円というのは結構なものだが、気になるのはどの程度の人が強制退場になっているのかである。今のところ金融庁に対する批判の記事が目に入る。どういった影響が出てくるのやら・・・。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#55870 FXはやらないけど・・・
FXはやりませんが、チャート分析の教材が書籍はじめ、YouTubeで役立つ動画が出ているの有難いです。今のところ、私にはかなり役立っていると感じます。特に通貨ペア別の時間軸や値動きなどは、ゴールド価格の分析に閃きを与えてくれていました。

証券会社によりますが、取り引き出来る通貨ペアの数が異なるようで、米ドルスイスができないとか、英ポンドオージードルができないとか、米ドル南アランドができないとかあるようです。またPips単位がある所は0.000が出来るのにある所は0.00しかできないとか、サービスにバラツキがあります。長年経験されている方は倒産の心配が無い、楽天証券など大手を初心者には推奨しているようです。

今回のレバレッジ規制は他のレバレッジの利く日経指数先物やクリック株365やCFDなどと何が違うのかと思っていたのですが、参加者の数なのではないでしょうか?それが何の影響が出ていたのかは胴元では無いので判然としません。

しかし海外FX業者はレバレッジ規制がなく、法人口座に至っては通貨ペアの制限もないようで、はたしてどれくらいの人が網にかかるのか気になります。ずっとブログや動画をアップしていて成績がそこそこの人がアップロードを辞めると宣言しているのを見ると、かなりの数では無いのでしょうか?

それらの人のカネをどこに振り向けようとしているのか?まさか、ビットコイン?そうなったら怖いですね。日本の株ならまだわかりますが。(ゴールドにきてくれ!(心の声))

今年2月にツイッターのフォロワーにエラい剣幕で怒ってた人が居ました。もちろんFXデイトレーダー。

↑改めて読むと長い文章
#55871 No title

90×90  90日後には90%の人がFXから退場するそうです。
10倍ですと厳しくないわけで、退場者は少なくなるでしょうね。

人のうわさも75日とも言いますから。90日は何かあるのでしょう。

キャベツ、小松菜、ほうれん草など90日で収穫できます。

一年を四分割すると約90日です。季節も90日で変わりますね。
#55872 No title

イールドカーブのフラット化が徐々に進みつつあります。
ダウの下落は一か月後か?

#55873 No title
Pontaさん、まねきねこさん、おはようございます。

やっぱり実際にやってないと実感が湧きませんね。日本だけ先行するのは確かに違和感があるが・・・。
#55874 No title
素人だがレバレッジは現代経済では必要でしょう。それに国内だけ規制しても意味がない。思うに我が国の金融当局はその政策が物を言っていないから、何が何だかわからず、思いつきに理屈をつけて、していると私は見ている。南太平洋で海軍が戦闘をして、戦争をしていると錯覚(?)をしていたようなものです。我が国社会によく起きる現象でしょう。福島の事故なんか私が持つ高校程度の知識で言うと何もしないで100年捨てておき、それからガラクタを順次ごみをかたずけるようにすればいい。問題は地下水だが之もタンクを作っているが必要ないことでしょう。困難に直面すると人は無駄なことをする。
 先日知人が
<銀行利子の1000倍で銀行が貸し出している。10000倍くらいのものもある。銀行はやっていけない。だから当座預金に0.1パーセントの利子をつけているがあれが銀行救済だ。それにサラ金を大手銀行が子会社化したが、銀行そのものが高利で貸し出しているが、その時子会社に債務保証をさせている。要するに取立てを子会社に任せている。銀行とはそのような高利の貸し出しはしないことで経済的位置にいる。その領域は高利貸しの領域だ。狂っているから、いくら日銀があがいても、なるようにしかならない>

 昭和17年の初めフィリピンへ侵攻したときの現場の記事を読んだが、冷静に読むとその記事自体は勝った戦闘の記事だが、この戦争は負けるというより、戦争というものを知らないのではという記事がある。高利の金は金は借りたらだめだが必要なときもある。その必要なときを規制することはしてはいけないが、妙にする。しかしそれは表だけだがFXは証拠が残ると思うから裏をすることはできないとおもうから、連関表でどこまで漣が行くかでしょう。
 これからわれわれは働いても借金を返すだけの人生を送ることになる。いま100万の収入のある人はやがては今の基準で80万の収入の人と同じになる。政府借財が多いということはそれを意味するがなぜか多くの人はそのようには考えていない。利口か愚か、無知か。関係ないと思っているか?違うよね。
#55875 Kenjiさんが釣れてしまった・・・
長文書くと、やっぱりマズいね。
活きのいいkenjiさんが釣れてしまった。

しかしkenjiさんは第二次大戦の話が好きだね。
いや太平洋戦争かな?
それと自分のぐるりのエピソード。
通関手続きより円に交換、送金すれば丸わかりですよ。
カネの流れは。海外の買い物でも今は税金がかかりますから。
eBayでPayPalを使えば流れはわかります。
(ゴジラさんも以前お話されていましたね)

人生は出たとこ勝負、だと思うんだけどな。
(Excelで検証中。外が大雨なんで出られなくて、ちょっとヒマ)
#55876 No title
kenjiさん、Pontaさん、こんばんは。

戦時中の話が出来る人は少なくなってきてる。ある意味貴重ではある。レバレッジが犯した功罪はいろいろある。今となってはもう後戻りは出来なくなっている。規制は悪いことではないと思うが、世界が足並みをそろえなければ意味がない。貧乏くじを引かないことを祈る。
#55877 No title
ごく普通のサラリーマンである、kenjiはお金については考えたことがない。余ったお金を貯金してそこでおしまい。営業の真似事をご時勢でさせられたとき。バブルの話が出た。相手は<あのう、私バブルを知らないです>といわれたときに、ようやくその時を知らない人がいることにきずいた。ここの閲覧者もその人々が多いのではと思う。
 後で考えると仕事でお客のいうことの意味がわかればあの暴落はその時、予測できた。決まっていた仕事がキャンセルされた。すべて用意していたから、その材料その他をお客が負担して、やめた。その後そこへいった時、お客が<お上のお達しで、土地を担保に金を貸してはいけないとなって、お金が借りられなくなったから、やめた>といわれた。確か1992年ごろだった。<そうですか>おしまいだったが、後で調べると総量規制のことで、驚くべきことに大蔵省の一課長か局長の権限でそれができたようで、そんなことありうるのかと思った。その後色々調べると我が国は法の支配が貫徹されない世界だと知った。おそろしいことですよ。
 大体外国為替市場があると思っていたがそれも違うことを知ったのはずいぶん後で、その時、つくづく思ったのは実際にその業務をしている人々は簡単にわかるだろうなあでした。
 したがって
>通関手続きより円に交換、送金すれば丸わかりですよ。
カネの流れは。海外の買い物でも今は税金がかかりますから。
eBayでPayPalを使えば流れはわかります。
 は身にしみて思うことが多い。
大東亜戦争については若いころから多くの本を読んでいるから、少しはいえんるのかなと思っている。
 当時の日記で知ったが<お父さん、東京裁判が始まった、初めのころは東条英機の人気は高かったのではないか>と聞くと<おう、東条はよくやっとると皆、思っていた>と。
 今は外国株を持つとご指摘のように円評価は為替によって変わる。複式簿記においてドル表示と円表示の二つを作ることになるが、それが普通の家庭においても必要な世界が来たと思った。
 またままた長い文章ですが、色々参考にさせてもらっています。
色々聞きたいことがありますよ。独学なんてよほどの人でナイトできないですよ。
#55878 No title
kenjiさん、こんばんは。

サラリーマンには見えませんね。しかも自由過ぎて。実態を想像しきれないでいますよ。
#55880 推測
以前、確か2011年頃に昭和40年代に中学生とkenjiさんは書いてましたね?そうだとすると現在70前。しかし、ここ一週間の発言からだともう少し上になります。

息子さんの手取り年収700万円を示唆する発言が散見。給与取りだとすると税引き前年収は大方1000万。現在30代から40代で大手企業や医療関係や個人サムライ業以外で、この年収はあまりいない。起業家なら別。給与取りだと平均400万で中央値360万ぐらいだから。

今回、日記の話が出ていて、それが終戦直後なら80代最後半。でも、80代の人が話す筈の困窮時代の話が何故か出てこない。

少人数で業務をこなす話や土地の話や資材の話がよく出ているのと、時間が比較的自由な行動パターンを見るに、工務店とかリフォーム業者に似てる感じが其処此処に。まさか、都市にある鉄工所ではないですね?

うーむ、やっぱり謎ですね。
#55882 No title
Pontaさん、おはようございます。

よくそんな前のコメントを覚えてますね。洞察力も大したものです。
#55883 No title
 書き間違いかもしれませんが
>息子さんの手取り年収700万円を示唆する発言が散見
これは現在の息子が定年近くになったとき現在の経済状況でもらえる額のことです。息子には計算せよ、その金額でまかなえることしかできないぞ。それ以外の世界はお前にはないといったからです。したがって今はたぶん350から400くらいではないかと思う。総額です。

>まさか、都市にある鉄工所ではないですね?
 これは鉄工序的要素もあります。会社の方針が変わり、それでは先がないとまあ喧嘩になり、干されました。その時どうするかでした会社は資産があり、まあ定年まで持つだろうとおもって、いました。結局廃業となりました、池に鯉がいなくなり、別の池へと以降としたがだめで 喧嘩をしたときの問題点でした。大きく儲かる世界を持つとつぶれるという教訓です。
 それまでは機械修理のために、遅くまで働くことがあったが、5時でおしまいとなり、時間ができた。そこで物の値段はどのようにして決まるかを考えた。それ以降ですよ。普通の人はお金については一体どこで学習するのか?学校教育では教えていない。わが女房に株式の仕組みを教えた。その産物でわれわれの生活が成り立っているから、株に替えようと説得中ですが絶望的です。
 よくまあこれだけ預金絶対を教え込んだと思う。だから日銀は無茶府ができると思う。政府も同じでしょう。それでいてニーサです。
 これは書きにくいが我が国政府は徹底的に国民をだますという諸外国なら当たり前のことがどうしてもできず、妙なことをする性質があります。株を進めるということは将来預金がだめになると予測しており、そのためのエクスキューズだと私は見ている。
 調子に乗ってかきますが子供の就職についての指導に高校の卒業者名簿の活用を示しましたがもうひとつあります。それは職業別電話帳で、古いものと新しいものをそろえて考えることです。国内はそこにあるもの以外の仕事はありません。ただ外国は除きます。
この二つがものを言いいますが、子供にそれを示しても、中学生には無理でしょう。結局出たとこ勝負でしょう。すると運のみとなります。それがまた別の姿でしょう。もうひとつはかきにくいが貧乏人(失礼、われわれです)と金持ちの違いがわれわれにはわからないということです。之が理解できない。
会社の社長の話を聞くと単位が億で、しかも100万円くらいを扱うような感覚ではなし、しかも売るほうは確実にもうかるような話で。そこに投資の知識が必要かという感じでした。
 その時何でも金の何かをコレクションしたものがあり、それを社長は持っているような話をすると、売る人はそれを持つ人は少ないといっていました。何かはわからない。世界が違います。
 経済の現象については聞きたいことばかりで、ネットでの説明を読んでもわからないことが多い。女には乗ってみよ、男には乗られてみよですねえ。

 
#55886 株式投資は自己責任だが・・・
僭越ながら
kenjiさん、投資は全般に自己責任です。
奥様が仰っていることが正しいです。
細かく損の確定が確実にできるかどうかが、
生き残れるかどうかの分かれ道です。
虎の子でやるものではありません。
しかも第六感でやると必ず失敗します。
期待を込めたIPOで私も失敗した口ですが、
期待通りに動かないのがです。
まずはパンローリングの書籍をお買い求め
チャートの読み方をできるようになるられるのが
先決だと思います。
リスクリワードの取り方を習得するのに
少なくとも2年はかかります。
日本がすぐに潰れることはありません。
徐々に力を無くしていくでしょうが、
kenjiさんが心配するほど脆弱でもありません。

差し出がましいようですが、
時間があるようでしたら、歴史本や自伝よりも
チャートの勉強してから投機や投資をしたほうが
よりよい人生を送れます。
あとポートフォリオ分析。

まずは自分の固定概念の鎧を取り外すことから始まります。
肩の力を抜いて頑張ってください。
#55887 No title
kenjiさん、Pontaさん、こんばんは。

なんか凄いことになってますね・・・。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する