FC2ブログ

新入社員に見る将来

どこへ行っても初々しい新入社員を見かける。私もはるか30数年前は新入社員だった。まさかこんなに厳しい世の中になるとは思わなかったが、これから先の30年はどうなのだろうか。数百人規模で新入社員を迎え入れる企業には驚きを隠せない。そんなに入れて大丈夫なのだろうかと余計な心配をしてしまう。そう、今はバブル期とは違うのだ。今は良くても最後まで勤め上げられるかどうかは分からない。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#55415 お先、真っ暗。
物心ついて社会問題に関心を持ち、半世紀あまりになるが、
悪いことは当時と変わらず、世の中全体は時代に逆行。
上皇、上皇后(歴史上、新しい造語)
奴隷制で合った平安時代よりひどいね。

親たちから聞いていた、戦時中に戻ったようだ。
未だに、教育勅語を幼い子供たちに強いて、天皇教の尖兵とせん安倍記念(本名:開成(かいじょう))小学校建設に忖度が働き、国民葬奴隷化が進む国。
宗主国中国や北朝鮮でさえ元号が廃止されているのに、世界で唯一未だに元号を採用する異常な国。
また、その異常さに気付かない国民性。
西暦との絡みで、全く不便極まりない。
馬鹿で無能なくせに、世界の中心で輝きたがる2世3世の政治家。
選ぶ愚民。
天下りと、利権、増税、税金のチョロマカシに励む役人。
フェイクニュース垂れ流しのマスコミ。
人手不足を謳い、低賃金奴隷労働の外人研修生(移民)を求める国家。
これでは、良くなるものでも悪くなる。

#55416 No title
憂国さん、おはようございます。

ここまでいくとちょっと悲観的過ぎて言葉もない。もう少し若者に未来を託したい。
#55417 軌道修正
ゴジラさん、おはようございます。
社会にわが子を送り出す親の心理は複雑ですね…。
自分達の新卒の頃はバブル時代、日本経済も強く、企業成長は未来にわたり疑う余地はありませんでした。
子供たちにはゆとり教育が取り入れられ競争の厳しさを知らず育った世代です。
今は世界で競争しています。
どのように生きていくべきか、社会で実感して軌道修正していくしかないと思っています。気付きがないと困難な世の中です。
#55418 No title
>宗主国中国や北朝鮮でさえ元号が廃止されているのに、世界で唯一未だに元号を採用する異常な国。
明治のとき今支那をまねて現在の元号制にした。それ以前は別の時間感覚で元号を制定していた。なぜか?それは明治維新がわが国を支那のようにする、わが国の支那化革命だったからです、その支那化も日本人が勝てに思っているもので、それは教育勅語を読めば明らかに支那とは違う文言が多々ある。
 江戸時代は儒教が統治の元だと教えられたが内実はことなり、武家階級の一部がそれを採用したようにみえるが、実際は儒学者はお飾りだったという。江戸時代のざれ本を読んだときどこに儒教の影響があるのだろうと漠然と思ったがそれ以上は進まなかった。筑波大学の古田教授の著作を読んで氷解した。江戸時代は儒学などほんの一部の暇人が勝手に解釈したものがはやっていた。
 庶民は郭の格子(孔子)曰くといって、からかっていた。ちょうど経済学者がいろいろ言うのをからかうように。実際の経済はそれらを無視して動いている。
 それは現代の経済学(儒学)を元に経済政策をするようなもので、それは結局社会から実質排除された。事実黒田総裁の政策は社会から排除されている、あれに従ったらつぶれるか、または作動しないからです。今の経済逼迫は社会の仕組み具体的には法的規制がもとですからこれを変えないとたぶん何をしてもうまくいかないと見ている。社会改革が必要だが野党にはその能力はさらさらない。誰も雇わない人々です。
 戦前の労働事情は社員(正社員)と工場労働者(非正規社員)にわかれており、社員は会社が直接雇い、労働者は間に別の会社がありそれが派遣していた、門も食堂も異なっていた。戦後はそれの垣根が取り払われたがそれは制度としてではなく別の要因による。現在はそれが戻ったに過ぎない。なぜか?これを考えないと進まないが、各個人はそのしだを縫って生きる道を探すことです。子供に言ってやったが若い人は聞かない。
#55419 No title
muku猫さん、kenjiさん、こんばんは。

muku猫さん、うちの子も今就職活動中ですが、心配でしょうがない。誰がこんな世の中にしたと言いたいですよね。

kenjiさん、元号は別に悪い慣例ではない。その時代その時代の歴史を感じるし、風流であると言える。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する