どこまで強気でいられるか

パウエルはやけに強気に見える。ポンポンと利上げするのは良いが突然酸欠になるのではないかと危惧している。株価への影響もそうだが、どちらかといえば住宅ローン金利等への影響が出始めそうだ。貿易戦争は過去の流れから見れば明らかにリスクととらえられるべき。FRBはもう少し慎重になるべきと思う。やっぱり年後半は荒れるのではなかろうか。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#55314 短気は損気と言う諺があるように
柔軟な気持ちで大曲を乗り切ろうと思いますね。自らの選択で動いた結果であれば、おそらく、失敗の後の後悔も少ない。納得も行く。当局は、世界同時破綻を、敢えて選択、シナリオを画くかも知れない。
#55315 財務諸表も体でも
頭でっかちになれば、転びやすい。
#55316 No title
金ETF10トンを超える増加。久しく見ない買い増しだ。

非常に匂うね。
#55317 内閣府の企業行動調査
日本の輸出企業の想定される採算レート、100.6円との事。投機筋にターゲットとされる目標値、幅がなくロックオンされやすいね。
#55318 No title
直接関係ないけど1937年に確か金利を上げた。その後の苦境のほうがひどかった。それは世界戦争を導いた。この事実をわれわれ日本人は見つめるべきではないか。
 拉致被害者がわが国政府ではなくアメリカ政府に頼むということはわが国政府に能力がないことをその国民が認めていることを示すわけだがそれを政府が異常とも思わない。いま開戦時のフィリピンの作戦のルポのようなものを読んでいるが、読み方によっては即座にこの戦争は負けという判断ができる記述が出てくる。後知恵といえばそれまでだが。何か根本的なところの認識方法が間違っている気がする。
 拉致被害者が要求するようなことは私が調べた範囲内でもいくらでもわが国だけできることがあるがそれをしない。つまり政府は北朝鮮にのっとられているか、何か大きな認識の間違いがあるのではと思う。
 わが国歴史的な朝鮮半島に対する防衛線は朝鮮海峡で、それを突破されたのは元寇のときだが、明治以降においてはその防衛線はいろいろ作ってあったが。朝鮮派それをとっぱして。わが国国内に分散した。つまり有史以来はじめて、朝鮮がわが国国内へ侵攻したわけです。そのような歴史的認識はまったくない。異常というべきですがそれを異常と見ていないわが国は近く滅ぶのではと思った。
 もはや経済は経済的要因では動かない世界へときている。
 さて今回の森とも学園問題の展開を見ると戦前の統帥権問題や天皇機関説問題とその構造はまったく同じだと私には見える。あの時も統帥権問題によってわが国の軍事力が強化されたことはなく、同じく機関説を排撃してもわが国の政府機構が変わったわけではない。今から見るといったい何が問題だったかさっぱりわからない。ただそのためにわが国がつぶれた事実だけがのこった。今、身の回りの人々に政府など一切信用してはならない。つまり政府機構を一切信用してはならないといっているが、なぜか馬鹿か使いされている。
 中皮種問題で政府が規制しなかったから被害をこうむったと裁判を起こしている人々がいる、最近は精薄者たちの断種を侵害として訴えている人がいるが、私などはそれなら政府が軍事予算を増やして国防に使わなかったから、北に攻撃されて被害をこうむったとして裁判をするつもりだろうか。そもそもそれができるだろうか。

 金現物をすべて処分した。何故か。それは緊急時に換金が難しいことにきずいたからです、そこでなぜゴジラさんが金鉱株と書かれているわけがわかった。
#55319 No title
マザーアースさん、まねきねこさん、kenjiさん、こんばんは。

マザーアースさん、現在の為替水準は丁度良いのです。どっちに振れても良くない。

まねきねこさん、底値水準の判断か。

kenjiさん、ワンクリックで換金できるからね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する