中央銀行と仮想通貨の戦いが始まる

中国の人民銀行は仮想通貨を規制し始めた。今日はECB副総裁が「ビットコインは通貨ではない、チューリップだ。」と言い放った。そろそろ中央銀行が仮想通貨に対する攻撃を始める時が来たようだ。かくも日本ではビットコインのCMが流れ始めたが、規制される前に市民権を得るための活動に余念がない。果たしてこの戦いどういう結末になるのか?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#53658 共同幻想
こんばんわ。

法定通貨、正貨(金銀)、仮想通貨、みつどもえの戦い、
共同幻想という観点では、難しいですね。より
多くの人が価値があると思ったものがお金になるという。。

量子コンピュータの世界では、どうなるでしょうか?
私の狭い価値観では正貨ですが、さてどうなることか。
#53659 中央集権とフラット型社会
ブロックチェーンは、フラット型社会の分散型帳簿管理システム。それにユニバーサルベイシックインカムが一般化されれば、多くの銀行も中央銀行も、その役目を終える。既存の銀行、中央銀行が暗号通貨を否定的に見るのは、暗号通貨が個別に乱立し、マネーの管理が自分たちの手から離れる恐怖と権威と権力の維持。おそらく、国際決済銀行が、ユニバーサルベイシックインカムの権利を獲得し、世界共通通貨のベースとして人工知能の協力を得て世界統一政府の準備を図るのであろう。または、民間の暗号通貨は、地域通貨、地方通貨として権利を限定的に制限し、生き残りの道を与えるかも知れない。いずれにしても、暗号通貨発行権の裏付けとなるのはゴールドやシルバー等の貴金属の存在となると個人では考えている。
#53660 近未来社会
量子コンピューター、人工知能は必須でしょうね。ユニバーサルベイシックインカムで貯蓄の概念も薄れ、不公正な富の集積と蓄財による権力の世襲も無くなる。社会のニーズ、需要、供給は瞬時に把握され、分散型供給システムが構築される。現在の通貨システムは過去のものとなり、現在のお金は、近未来社会では過去を語るイコンとなるでしょうね。
#53661 10月開戦
急激に円高に振れてきた。オイルも高い。安倍首相はトランプ大統領と毎日のように電話で話をしていると言う。衆議院解散は目くらまし戦法と考える。衆議院解散となっても内閣は職務維持。投票前に米朝開戦で戦時内閣形成となり、野党は力を失い、全面敗北のシナリオであろう。米軍は北朝鮮全面的制圧には約四週間はかかると見ている。難民に身を変えた武装勢力、工作員も潜入し、破れかぶれの破壊工作は必死。ミサイル、核弾頭による反撃も十分に有り得る。我が国、国内の水道、電気、物流、交通の北朝鮮内通者のテロ、破壊工作には事前注意。
#53662 No title
名無しの通りすがりさん、マザーアースさん、おはようございます。

人が信じるものは何でも価値を生じる。分からないものです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する