先週の金価格

7月   London   NY(COMEX)
24日  1255.55   1255.00
25日  1254.40   1249.60
26日  1248.10   1260.10
27日  1261.10   1258.60
28日  1264.90   1269.10

*地味に上げてきています。一応底打ち反転の形を取っているように見えます。ただ、何回も辿っている道ですから何度目の正直になるのでしょうね。金ETFは21.88トン減少と動きが大きいが、金価格とは逆相関と不思議な感じです。現受けしているのなら意味は大きい。

*金ETF残高1128.16トン(7/30現在)exchange-traded gold securities
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#53231 2020年8月の気温
34℃超えとの予測がされている。東京五輪、屋外競技は命の危険。ボランティアも観戦者も命の危険。気候変動には抜本的に対策が不可能。開催時期や勇気ある撤退が必要。ゴールドの相場も熱中症になりそう。
#53232 あいあいさんのブログ
世界的にガン患者が減る傾向にあるのに、日本だけが増加の傾向にある事は理由が考えられます。食品添加物、電子レンジの多用、高度な医療検診の普及から見過ごされても問題のないガン細胞の発見が、早期治療早期発見を理由に手術などで処置される。私は、命は天寿と考えて定期医療検診も受けないし、病院にも行かない。多くの体調の不良等は、市販薬を飲んで直るし、薬を飲む事もあまりない。それで十二分に、ここ20年生活をしてきている。金融も過剰な治療と延命措置で状況を悪化させている。貴金属の価格操作も止めて欲しい。災害が酷くなるだけ。
#53233 ゴールド買いサイン点灯中
ビットコインに暴落サイン点灯。
#53234 金買い取り業者の乱立
以前にも指摘があったが、需要があると言う事だね。ETFの減少は、以前にも指摘した通り、現物の引き受けでしょう。誰かがしこたま貯めているね。中央銀行もせっせと買っていましたね。
#53235 No title
マザーアースさん、りきさん、こんばんは。

マザーアースさん、今日も暑かった。珍しくちょっと風邪気味でのんびりしてました。

りきさん、強気のまま行きたいですね。
#53236 金融崩壊今後の過程、そして時期は??
金利を上昇させる時、混乱を引き起こし、金融を危ない領域
へと導く。 ミッシェル・ペント
( ノ゚Д゚)こんにちは
以下のコラムを意訳しました。
http://usawatchdog.com/rising-rates-causing-chaos-dangerous-territory-michael-pento/

金融アナリストのミシェル・ペント氏はいいます。
ファンダメンタルズの観点からみると金融市場は
危険領域に入った。と。
全ての中央銀行は増刷(金融緩和)を行い、
それは市場価格を浮き上がらせ続けています。

どうゆうことかとゆうと:国債価格を動かす事に
親指を立てるサインを出して動かしまいした。
それは金利を無限に上げるクレーターを作る
行為です。

私たちは年率で1.9%の成長率にしました。
にもかかわらずこの国では成長率は2%落ち込み
ました。
不動産市場は六月まで月々落ち込んで行き、
わずかに0.7%上がったにすぎません。
FRBはこれら米国債と不動産担保ローンを
FRBのバランスシートから売り出していこうと
しています。
そのような事をするときはFRBは供給を増やさ
なければなりません。
その負債の供給は既に31%ずつ毎年増えています。

それはアメリカ財務省にある数値です。
つまり、我々は毎年31%ずつ負債が増えて
いることになります。

毎年数兆ドルの米国債が発行されるのを
想像してみて下さい。

誰がそのとんでもない量の国債を引き受ける
のですか??? ダーレも購入しないのです。
なので当然、国債の金利は上昇しますし、
価格は下落して行きます。
これが不動産貸付、自動車貸付、学資ローンの
市場が滑り台から落ちるように急落した
大元です。

もう一つの問題はデリバティブ市場における
負債のギャンブルです。ペント氏曰く、
そこには数百倍にされた数兆ドルのCDSがあります。
その賭けには金利が絡んでいて、現在は
金利は上昇しない前提で賭けられています。
仮に中央銀行が金利の上昇にOKの親指を
立てると、それは市場を混乱させてさらに
世界中の株式市場も混乱に入るでしょう。

ペント氏は次回の崩壊もFRBによって
起こされるだろうと思っています。
”2013年からFRBはテーパリングを四回しました。
四回金利を上げました。今FRBは逆QEを
やろうとしています。10月にです。
秋には無数の問題が起こるでしょう。
この問題たちはデリバティブ市場に影響して
貸付け機能は完全に止まってしまいます。
これが私が恐れている秋に起こりそうな
事です。

ペント氏はさらに付け加えてゆうには
株式市場における機構のバランスーシートの
現金レベルは非常に低く、マージンの負債は
非常に高い状況です。
もしあなたが秋までにこの状況を恐れな
ければ、あなたは寝ているのと同じです。

金について、ペント氏は
金価格は上昇のための準備はできています。
今はじまろうとしています。
少しもたついてはいますが・・・。
金と金鉱山株が爆発するのは私たち
が金融で水をぶっかけられた時です。
中央銀行が経済と通貨政策をコントロール
できないと知った時です。

これはもうすぐそこにあるのです。
2018年中期より遅くなる事はありません。
この秋にはあると思っています。

金利のカーブのコントロールをなくした時に
経済上昇をなくし、さらに世界中の
株式市場を崩壊させるでしょう。

その時は金に逃げ込むしかありません。
もし今金をもっていなければ最低でも
資産の10%は持ってください。

これは最低レベルです。

貴金属はその時は天上を突き抜けるのです。
ーーーーーーーーーーーーーー
時期については予想です。
競馬や競艇と一緒です。

では($・・)))/



#53237 No title
picachu1234さん、こんばんは。

随分と前から言われていたことですが、ついに逝くのかな。なかなか時期を断定するのは難しく。制御しようと努力してますから踏みとどまるんですよね。それが良いことなのかどうか。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する