逆回転の逆回転

ダウはバブルなのかそれとも・・・。世は量的緩和の恩恵を受け株式は天高く舞い上がった。バブルははじけてみて初めて分かるとどこぞやの偉いさんが言っていたな。逆に本来量的緩和に相関するはずだったゴールドは逆に滑り落ちていった。まさに天国と地獄の差であった。果たしてこのセットされた装置は破壊と共に反対方向に跳ぶのかどうか?そいつが問題なのである。そこに一つのテーマがあったのだが、随分と昔過ぎて実感が湧いてこない。それぐらい時間の経過とは長いものなのだな。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#53121 昨日の日経プラステン
こんにちは、
豊島逸男さん 今年は金に弱気 
しかし2020年はグラム7000円へ
司会者たちは少し驚いていたようでした。
#53122 FRBはタカ派優勢
ECBも買い入れ資産圧縮。世界の中央銀行が緩和マネー圧縮。バブル潰しに入ったように見えますね。世界のマネーサプライは90兆ドル。リーマン危機前の1.8倍と日経新聞でも述べています。トレーダーは世界同時引き締めに身構えるともあります。金融社会の相転移が始まるとも取れますね。緩和マネーの縮小で更に格差社会の格差が拡がるとの意見も多く、国家の分配政策が重要となる未来が読み取れます。分配には予算の組み直しと増税が必要となります。相対的に実物資産、金銀等のM1マネーが相対的に価値を上げると思われます。
#53123 No title
ひつまぶしさん、マザーアースさん、おはようございます。

ひつまぶしさん、目先弱気で将来強気は無難すぎるかな。

マザーアースさん、日本は効果がほとんどないままゼロ金利解除になるのかな。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する