バランスシートは縮小できるのか?

米国でFRBバランスシート縮小の話が出始める。果たして出来るのか?壮大な経済実験の後始末は誰もやったことがない。当然、起こりうることも想定するのは難しい。やってみるしかないと言うことか?こういうことは良い時でないと出来ないことであるが、米国の脆弱な経済はバランスシート縮小に耐えられるのかどうかが焦点である。取りあえずはアナウンス効果でどういった影響が起こるのか探りを入れている段階だろうか?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#52697 金王朝との直接会談
トランプ大統領は、適切な条件が揃えば金正恩氏との直接会談に対して前向きな姿勢を示したとブルームバーグが伝えた。バランスシートの縮小も適切な条件次第でしょうね。しかし、現状は、北朝鮮との直接対話以上に困難を伴う。
#52698 バランスシートの縮小
バランスシートの縮小とは貸し借り両建ての縮減との意味でしょうから、自動車ローンのサブプライム化や学生ローンの返済遅延、住宅バブルの崩壊が声高に叫ばれる現状にあっては、金利をゆっくりと引き上げながら再投資資金を回収して行くことは、一瞥しただけでも困難な舵取りが予想されますね。承知の通り、マネーに国境が無く、金融自由化が進み、マネーは弱肉強食で世界を駆け巡る。世界的協調は無理に等しい。そして、現状のマネーはペーパーマネー。お金の価値は信用で実物資産の裏打ちも無い。支払い金利や受け取り利息の分だけ破綻のリスクを生む。残るは、徳政令、借金棒引き、担保の取り立て、泣き寝入り。フロンティアを探すしか無いね。人間には寿命もある。
#52699 ゴールド上昇トレンドは米株のベア相場入りを確認してから
ゴジラさん、おはようございます。
ゴールドは上昇トレンドと言っているが何を基準に判断しているのかな?
多くのアナリストは2015年の12月で長期サイクルのボトムをつけたと言うのが大筋合意かな?単純な見方をすれば1250ドルを割れば昨年からの上昇トレンドは終わる。(12月15日を基準に右上がりにトレンドラインを引けば)

ゴールドが中途半端な下げなら、判断が難しい。
今回のボトム何処になるかで判断できるのではないだろうか?
通常なら1220ドルから1250ドルではないだろうか?
ここで1200ドルを割るようなら、
1000ドルを試す下げに注意しなければならない。
今回の下げで出現するか、次回の11-12月の下げなのかは分からない?

ゴジラさん、
ここまではゴールドはこの掲示板に投稿した通り動いているが……
これからの株式、ゴールドの同時下落を予想が当たるかどうか?
私はトランプ・連銀の発言注目している。
私自身は株式のベア相場入りの確認をもってゴールドは長期サイクルの
ボトムが確認出来たと判断したい。

ドル円の見方

http://ameblo.jp/mirainimukete2017/
#52700 No title
マザーアースさん、mirainimukete2017さん、こんばんは。

マザーアースさん、そもそも債務はすべてが返済される見込みで融資されているものではないが、絞られることで焦げ付く率は上昇していく。嫌な世の中だ。

mirainimukete2017さん、同時下落が正しいかどうかはもうじき分かるでしょう。お楽しみと言うことでいいんじゃない。かなり慎重派の方だと思います。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する