ふらつく世に惑わされる

シリア空爆、北朝鮮の挑発、今度は英国の総選挙。話題には事欠かないが、徐々に自分の立ち位置が分かりずらくなってしまう。まるで目くらましのようである。基本は依然として変化はしていない。やはり向こう側からやってきてくれるのをひたすら待つのが投資の基本なのである。だが、このままGWに突入されても困るなとは思っている。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#52614 ペンス副大統領
平和は力によって保たれると発言。ふらつく世に惑わされる現在には力が、やはり、必要。中国もアメリカの前には屈服する。北朝鮮隣接の北部戦区は、上海閥支配区。7つに区分されていた軍区を5つに集約して周政権の下で支配を強めようと試みたが失敗。北部戦区は、実質的に力を拡大、北朝鮮との連携を強める義兄弟。北部戦区は北京に従わない。結果的に北朝鮮は、北京に屈服しないであろう。このことは、アメリカは認識にあり、北朝鮮との最終的対峙と開戦は防げない。アメリカの先制攻撃は、韓国に事前通告無しに行われるだろう。韓国は北朝鮮とツーカー。
#52615 米朝直接対話
トップでは無いが、ひそやかに進んでいる模様。条件が合えば良いが。
#52616 あれ❔ でも下げていますね
紫 鉱業集団、17年1-3月期は1400-1500%増益の見通し

 中国の大手金鉱会社、紫 鉱業集団(0289)(6018.SS)は18日大引け後、2017年1-3月期決算で純利益が前年同期比1400-1500%増の約10億元に達したようだと発表した。同四半期の金価格が前年同期を上回ったほか、自社鉱山の銅と亜鉛の生産量と販売量がともに増加した。営業外収益の大幅増加も利益の急増につながった。

 2016年1-3月期決算の純利益は6400万元、EPSは0.003元だった。2017年1-3月期決算は28日に発表する。

紫金砿業、17年1-3月期決算は大幅増益見通し

 紫 砿業(0289.HK)は18日、2017年1-3月期決算が大幅増益となる見通し(未監査)を発表した。純利益は約10億元に達し、前年同期比1400~1500%増加する見込み。金属価格の上昇に加え、銅や亜鉛の生産・販売量が増加したことが好業績の主因。また、非経常性収益も大幅に増加したという。

 なお、2016年1-3月期の純利益は6376万700元、EPSは0.003元だった。

紫金鉱業集団の買い推奨を維持=シティ

 シティグループは最新リポートで、中国の大手金鉱会社、紫 鉱業集団(0289.HK)の投資判断を「買い」、目標株価を3.8HKドルに維持した。2017年1-3月期決算の業績見通しで、金のヘッジの影響を除いた増益率が前年同期比で50%にのぼると指摘。同期の純利益が10億元に上る見通しで、シティの通期予想の29%に当たるとした。同期は例年取引が縮小する低迷期に当たるが、好調な結果を導き出したと評価した。『AAストックス』が19日伝えた。

 紫金鉱業集団の19日終値は、前日比2.05%安の2.87HKドル。
#52617 No title
マザーアースさん、ひつまぶしさん、こんばんは。

マザーアースさん、どっちにしても何をやらかすか分からないところがありますからね。核戦争のきっかけがそういう人たちに委ねられていると思うと恐ろしい。

ひつまぶしさん、去年の数字が悪すぎたと言うのもあります。ただ、株価の動きは少しへんではあります。悪い意味ではありませんよ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する