曇り始めた株式市場

株式市場に怪しさが灯って来た。まだ何とも言えないとはいえ見かけは悪くなってきた。トランプもやろうとしていることがスムーズに行かなくなってきた。結局何もできないとなればご祝儀相場は海の藻屑となる。北朝鮮の問題は明らかに余計である。この状況でFRBはバランスシートの縮小を口にしたのだろうか?難しいところだが、タイミングとは恐ろしいものである。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#52486 傍観
ゴジラさん、おはようございます。
2015年のパターンになるなら、
来週から株、ゴールド揃って下落が始まる。
#52487 No title
mirainimukete2017さん、おはようございます。

下げに強気ですね。
#52488 FOMC
バランスシートの縮小で合意。
#52489 No title
ゴジラ様 皆様
こんにちわです。

ロイター
>>バランスシート縮小のタイミングは、
>>経済や金融の状態に基づいて決まるとの意見で一致

イヤイヤそうでは無いでしょうと思わず突っ込みたくなります。
2018年の償還が前後5年間で最大規模であり
翌年の償還も大規模(今年と比べて)、その次も大規模(今年と比べて)である事から、バランスシートは縮小せざる経ないのが真実

これは相当なネガ要因で、立て直すには数年後の金融緩和が必要に
なるでしょう。

元より来年は金利引き上げは不可能かペースを大幅に
ダウンさせないと経済が急に失速してしまう

FRBも文系的な表現で騙しているようだけど
理数系的に考えれば、間近に本格的なテーパリングへと
突入せざる経ないと判断できます。

いよいよそれを促しに入りましたね。
#52490 ロシア空軍配備強化
極東の防空識別圏で北朝鮮有事に備え空軍配備を強化。
#52491 アイアイさん
中国での北朝鮮有事の問題は、北朝鮮隣接の北部戦区。北部戦区は、朝鮮族の多く支配する軍区。周政権と対立する上海閥と繋がりのある地域でもあります。北朝鮮の核弾頭、ミサイル技術を支援している軍区。北朝鮮有事には、ひょっとすると米軍と戦闘をしかねない軍区。周政権は上海閥の排除を目論み、意図的に米軍と対峙、戦闘させる可能性もあります。同時に周政権は上海閥の排除を狙うかも知れません。今朝の日米の首脳電話会議でトランプ大統領は、あらゆる軍事力を用いて日本を防衛すると安倍首相に伝えたとの事です。アメリカの北朝鮮の先制攻撃はありますね。現在は、米中で金正恩の亡命に奔走であろうと思われます。
#52492 No title
マザーアースさん、DAWINさん、こんばんは。

パンチングボールを取り上げるタイミングとしてはとても悪い感じがする。大事に至らないと良いけどね。
#52493 マザーアースさん
ゴジラさん、申し訳ありません。
コメント欄をお借りします。

今、アジアを取り巻く環境は凄くおかしいです。
大阪冬の陣ではないですけれど、堀を少しづつ埋められているみたいです。
誰が本丸かは分かりませんが、我々は誘導されていますね。

そして北朝鮮に至っては昔の日本そのものです。
ABCD包囲網で北朝鮮が打って出るのを待っているように感じます。
なので米国から仕掛ける事はないように感じますが、どうでしょう?
(米国の性格からしても先に手を出す事はしない?)

残念ながら松原照子さんではないですが、アジアは確実に狙われていると私は思っています。
まあ、いずれにせよ戦争だけは、まっぴらゴメンです。

すみません一連の流れです。
http://ameblo.jp/aiai3e3e/entry-12262906460.html

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する