回復してきたゴールド

回復傾向が鮮明になって来たゴールドであるが今一つしっくりきていない。それはなぜ1200ドルを割り込んだのかも曖昧だったが、なぜ回復してきたのかも不鮮明だからだ。まあ、相場とはそういうものなのかもしれないが。心理的には1300ドル辺りを抜けるとより強気への転換が大きくなると思われる。この辺りで上下しているうちはまだまだではある。このボックス圏を抜けるかどうかが大きなポイントと見る。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#52212 2つの見方
ゴジラさん、こんにちは

トランプ大統領誕生から始まった下げ相場は一段階で終わるだろうか?
通常は2段階以上になる事が多いが……
私自身下げが続いていると思うのは昨日の高値が、トランプ大統領誕生に時の高値の61.8%の戻り、この水準で天井を打つなら前回と同程度の下げに見舞われる可能性が高いと考えいます。一回目の下げは高値からは約220ドル下げています。
今回の下落トレンドが継続しているなら1040ドル前後になります。

しかし、サイクル論からの見方は非常に強気。
来週、高値を更新し、1週間程度の調整後再度高値を更新するシナリオが有力と
なります。
前回の金星の逆行中は株価が崩れ、ゴールドは逆行中上昇し続けた。
米株暴落でゴールドは急騰。円高は急激に進みそう。東京金は余り上がらないかも?

金鉱株がゴールドの先行指数になるならゴールドはまもなく大きな調整に入りそうに
思うが………
CFTC建て玉明細を見ても取組み高は低いままです。ゴールド関連には積極に資金が回ってきてない様ですね。ファンドのゴールドの買い余力は非常に大きい。
#52213
不思議なのがゴールドは回復し上昇モードなのだけど、金鉱株は軟調でむしろ下降モード。なんだろうこの違和感。金鉱株はゴールドを先行するから、これから良くないということか、違和感めちゃくちゃ感じてます。
#52214 No title
mirainimukete2017さん、オデュさん、こんばんは。

金鉱株はいわゆる仕手株的な動きをする。現状では出来高が大きいわけではないので誘導されやすい。どういう目的でそうなっているのかが問題だが不明です。こういうことはよくあるが、どっちが正しいのかは後から分かる。
#52215 No title
スタグフレーション、懐かしい響きです。
信用創造に歯止めはグリーンスパンのいう金本位制。


http://jun-kin.info/3253/
#52216 最後の審判は3月10日の雇用統計か?
ゴジラさん、おはようございます。
3月の利上げの有る無しで、……………ポジションが大きく別れてますね。

FRBは今まで、利上げするぞと金融市場を脅かしてきたため、
FRBが狼少年になってしまった可能性が出てきたのでは。

アメリカの経済・物価状況を見れば利上げは当然だが、
ユーロの政治問題・トランプ大統領の動向を考慮すれば
利上げは遅れると金融市場は判断していそうですね。
今回利上げを遅らせてもユーロの政治問題は収束しないし、トランプ大統領の
の口にチャックは付けれれない。いつまでたってもユーロ、トランプ大統領に
関しては現状は変わらない。
今までのFRBの論理なら→→利上げ見送り

2月28日 トランプ大統領演説
3月3日 イエレンFRB議長講演
3月10日 雇用統計 ←←←←金融市場が大きく動く可能性が高そう。
トランプ・イエレン発言で金融市場が大きく動かなくても
3月10日の雇用統計で
「賃金の上昇」があれば
株・債権・貴金属と全て揃って売られる急落が起こりそうですね。
雇用統計が微妙なら株・債権・貴金属と揃って高値更新となりそうですね。
#52217 No title
まねきねこさん、mirainimukete2017さん、おはようございます。

相場は今のところ大人しいが、不気味感が漂う。大きく振れる前触れとも取れるが、どちらの可能性もあるため動きずらい。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する