トランプは何を取る?

いろんなことを叫んでいるトランプだが、すべては実現できない。何を優先するのか?HSBCが言っているが、ドル安と保護主義的貿易政策を両立させることは不可能だと。結果としてドルは上昇してきたが、これからどうするつもりなのか?市場は逆に動いている。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-01-19/OK0O286KLVR401
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#51953 信虎的なものを感じます
ゴジラ様

こんばんわ、トランプは狂気と冷静さを兼ね備えた大統領ではないでしょうかね。

ふと武田信虎を思い出します。

狂気と言えば、新ドル発行とか、トランプならやる気がする。徳政令的な事やるんでないかな。

逆らうものは焼き討ち、殲滅、織田信長のように。

日本はじっと耐える、家康のように。

リンリンさん、小説、エッセイを読んでいただいて有難うございます! 神保町はまだ面白い古書店があるので書きたいなと思っております。

『おもいでばし』 わかかりしころのラブロマンスを書きたいですね。
#51954 No title
ゴジラ様 皆様こんばんは。

トランプは米国の国内消費は国内で生産する方針だと思います。米労働者の雇用の質が落ち続けている中で、米国の消費で他国が豊かになる事は利益にならない。
やはり国境税等の保護主義的政策をとるのだと思います。

相応なインフレになりFRBも利上げを想定しているのでしょうが、国内生産回帰・減税・インフラ投資で所得の増加も狙っている。
しかし、金利上昇の利払い増加とインフレ分以上の所得増加がなければ消費が落ち込みます。
この頃には株も落ちていると思いますが・・・。
消費が落ち込みリセッションが見えてくれば利下げそしてQEではないでしょうか。

優先は保護主義だと思います。何時からドル安?時期はさておきドル安と保護主義の両立はありだと思います。
#51955 No title
Steinさん、めんたいこさん、こんばんは。

日本にとっては厳しい時代が来るかもしれない。ただ、トランプはやりたいことをやり始めると結果ドル高になってしまう。それをどうやってドル安にするのか?
#51956 トランプは、今川義元かも
公家好みの今川義元は、軟弱なように思われてますが、実は 東海道一の弓取りといわれたオトコ。あの、北条氏武田氏を回して、上洛を 選んだは、足利一門内での家格の高さと、それなりの度胸を持ったオトコ。だが、時代は、今川義元が思い描く古い時代は、終わりを迎えようとしていた。 アメリカもそうならば、トランプは、今川義元公ではないでしょうか?今川義元は、三河の松平党の実力を見ていたからこそ、危険な全線の兵糧の運びいれを元康のちの家康にさせた。 その今川義元が討たれたあとは、松平党は、独立を果たすことになる。そうあって欲しいですね
#51957 No title
鹿十ピン助さん、こんばんは。

上手い例えですね。私も三河の出なので心地よい。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する