米国から距離を取るチャンスだが

安倍首相とトランプ次期大統領との会談のニュースが流れる。何も慌てて米国へ行く必要はないと思うのだが。せっかく米国から距離を取るチャンスととらえればロシアと北方領土交渉と共同開発、平和条約締結を先に進めるべきだったのでではないか。米国は保護主義的になっていく可能性が高い。TPPはすでに死んでいる。潮目が変わったことを認識するべきだったようにも思える。さて、どう出るかな?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#51445 多分
ゴジラ様

トランプ当選以降、米国債の金利が高い状態ですね。
これは予想外でした。

中長期ではゴールドはブルですが、短期では弱いですね。

いずれにしろ、米国債10年物を注視していきたいです。

ゲリ星から来た女性 喜んでもらえて嬉しいです。

文章は読みやすいでしょうか? あと皆さんに聞きたいのですが、仮想下剋上戦記と一粒の麦、ゲリ星から来た女性は文体が違うように見えますでしょうか?

ゲリ星から来た女性 4話 

http://blogs.yahoo.co.jp/steinbach714/64756545.html
#51446 懲りない日本のお偉方
先の大戦の敗戦前に似ていますよ。
米国との戦に負けそうになりソ連に傾斜して、
見事に騙され南樺太、北方4島取られた大日本帝国の末路と。
中韓との東アジア共同体を構成しても、日本は、もっと毟り取られるだけです。
米国の属国で居るほうがまだまし。
駐留経費、今の思いやり予算などの合計よりより安いのに反対? 変ですね。



#51447 No title
Steinさん、通りすがりさん、おはようございます。

Steinさん、ゴールドはなんか遊ばれている感じがしてます。

通りすがりさん、米国属国支持派ですか。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する