利上げ100%と言い始めた

ついに12月の米利上げが100%と言い出しましたね。と言うことは利上げは100%織り込んでいると言うことだろうか?トランプ・ショックを上手く利用されてしまった感じがしてしかたがない。完全にクッションに使われている。もしメッキが剥がれてきたとしたら大変である。来月、それが起こるかどうかは分からんが、そういう可能性があるかもしれないことは肝に銘じておこう。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#51433 No title
ゴジラさん 今晩は

今年は年4回利上げと言っていたが、無しとなればイエレンの信用は丸つぶれ、最低一回、12月は利上げするでしょう。
 10年債金利が上がり始めました。国債利払いが立ち行かなくなり、経済の混乱、株価の下落となるのでは。ろうそくの火が消える時は最後ぱーっと明るくなるそうです。ニューヨークダウはろうそくの火と同じ最後の上げではないかと思うのですが。
#51434 No title
ゴジラさん 今晩は

インドの高額紙幣交換の話ですが、10億のインド、銀行預金口座を持っていない人も多いとか、その人は金を買うのではないでしょうか
 また当局に資産を把握されるのを恐れる人は銀行に預けことなく、金を買おうとするのではないでしょうか。やっぱり金は上がるでしょう。
#51435 ひっそりと金貨を買うジムロジヤーズ
コジラさん、みなさんこんにちは

ジムロジヤーズ
いつも金に対してのコメントは
・金: 買っていない。チャンスを待っている。……と言っているが………

本当は北朝鮮から金貨を買っていた。

http://mainichibooks.com/sundaymainichi/international/2016/11/13/post-1221.html
#51436 インフラ投資銀行
トランプ次期大統領は、インフラ整備に向けてインフラ投資銀行を設立するそうだ。インフラ投資には、金利が重要。12月利上げは無いのではないでしょうか。
#51437 金利上昇と財政破綻

ゴジラさん、こんばんは
リーマン危機以来、世界の金融システムは延命策が続いていましたが、
トランプ大統領になりこの状況に動きが出そうですね。
債券の原点と考えられている10年もの米国債の金利が3%を上回る状態が続くと危険だとされている。国債金利の高騰が続くと政府は財政破綻する。社債の金利上昇は、発行企業の信用喪失を示す。
マスコミは米国債の金利上昇を、米国の景気回復すると「解説」しているが、景気が
良ければトランプ大統領は誕生しないはず。
共和党政権になりドル高が続くようなら、再度QEをやらなければ、ドルや米国債は世界経済を巻き込んで崩壊してしまう。QEは、長くて数年程度の延命策でしかないと思うが……
(QEで、米国金利が下がりだしたら、日銀はヘリマネしか対応手段がなくなる。)
米連銀がQEによってドルの延命を模索した最近の数年間、IMFはSDRや通貨多極化の話をしなくなっているが、トランプ大統領誕生後には再度取り沙汰されるだろう。
(以前、ゼーリック総裁が「金本位制復活」 について寄稿し、物議をかもしたこともありましたね。)
#51438 とにかく大変だァああーーー。
( ノ゚Д゚)こんにちは
http://www.silverdoctors.com/headlines/finance-news/currency-reset-in-real-time-india-causes-panic-and-chaos-with-massive-hit-on-black-market/
ヤバイよ、ヤバイよ、
インドがヤバイよ。
デノミだよ、デノミだよ
銀行がヤバイよ。
ATMがヤバイヨ。
ブラックマーケットもヤバイよ。

金価格もインドで$2800/OZ
でヤバイよ。
#51439 No title
みなさん、こんばんは。

まねきねこさん、メンツよりも大事なものがあることを思い知るかもしれませんね。

mirainimukete2017さん、本来ゴールドはこっそりと買うものです。

マザーアースさん、足並みは揃わない。

picachu1234さん、喜ぶのはやや不謹慎ですよ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する