中央銀行の強さでは・・・

中央銀行の中ではFRBは別格の強さを持っている。今となっては日銀の弱さを実感するのみでもはや市場に対する影響力を失いつつある。ECBも同様でお互いにマイナス金利突入したものの果実を得ることなく萎んでしまった。こうなると次の一手はない。自らの政策が間違っていたと反省し、政策転換するとは考えづらく責任を取っての辞任しか道はない。そうなると俄然意味を持ってくるのはFRBの今後の動向である。米国の利上げ開始は極めて大きな意味を持つことになる。結局、通貨政策は米国を中心に動いていることが改めて理解されることになりそうだ。しかし、必ずしも良い意味とは限らないが・・・。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#51260 強いから弱い
ゴジラ様

強いから弱いともいえる。ドルが強すぎても、弱すぎてもアメリカは駄目になる一方です。

軍事力と通貨は表裏一体ですが、戦争では自慢のアメリカ軍は戦争目的を達成できず、IS如きに舐められる始末ですからね。米ドルも同じでしょう。

そう考えるとゴールドが最強でしょう。

どんなに強い国の中央銀行でも、総裁、議長がボンクラであれば、お仕舞です。
#51261 「利上げヤルヤル詐欺」に気づくけばFRBの信用は失墜する
ゴジラさん、こんばんは
イエレンFRB議長は「高圧経済」
一時的に景気が過熱することを容認する考えを示しました。
多くの投資家が「規定路線」とされる12月利上げ自体が100%確実だと言い切れないから、事前に何らかの伏線を張ったものかも。
12月の利上げを見送ればFRB自体の信用が無くなります。
FRBが「利上げ」「利上げ」と騒いでも投資家は「利上げヤルヤル詐欺」だと気づく様なります。
日欧の緩和が限界に来て、米国を支えられなくなれば、最後はQE4を再開するしか道はなくなります。
ユーロ経済(イギリスを含む)が不安定なのでドルは益々強くなる可能性がある中での利上げはできないのかな。と最近考えるようになりました。
12月利上げ見送れば、投資家はもうFRBは利上げ無理だと考えるようになる。
ゴールドにとってはどちらに転んでも12月のFOMC後は上昇すると思います。

#51262 No title
Steinさん、mirainimukete2017さん、こんばんは。

Steinさん、FRBにとっては厳しい局面です。どうでますかね。

mirainimukete2017さん、なかなか良いシナリオです。座布団3枚!

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する