FC2ブログ

増える商品ファンド

エネルギーや金属、農産物の相場が過去最高値に達し、株式や債券市場から商品市場に資金が流入しているため、商品ヘッジファンドへの投資額が前年比で約83%急増している。

商品ヘッジファンドに投資するコール・パートナーズ・アセット・マネジメント(シカゴ)の設立者、ブラッド・コール氏によると、07年の商品ヘッジファンドへの投資額は約550億ドル(約6兆4200億円)と、06年の約300億ドル、05年の140億ドルから拡大している。

商品はことしの金融市場で最も高い上昇率を示す資産区分の1つ。中国とインドの商品需要の急増を背景に、UBSブルームバーグCMCI指数は、年初来で15.1%上昇している。S&P500種株価指数の上昇率は8.9%、米メリルリンチの指数によると、米国債の投資収益率は5.1%となっている。

コール氏によると、商品ヘッジファンドの数は現在、約400本と、06年の203本、05年の134本から急増。商品ヘッジファンドへの投資総額約550億ドルのうち石油やガスなどエネルギー分野を専門とするファンドへの投資が約36%、商品市場全般が28%、金属分野専門が11%、インフラ関連および電力分野が約7%を占める。

*商品系のヘッジファンドの数はここ最近急増しており、予断を許さない。商品市場に流入するヘッジファンド資金は市場のボラティリィティをより大きくする。ここ最近の商品の値動きの大きさにはこういった背景がある。

*商品市場への資金流入は今後の米経済減速や世界的なインフレの動きが決して小さいものではないことを示唆している。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

「商品ファンド」 に関する口コミ、評判、ショッピング情報のブログリンク集

商品ファンドでの検索結果をマッシュアップして最新ブログからの口コミや評判、ショッピング情報をまとめています

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する