希少な貴金属市場が拡大するか?

Gold-As-Percentage-Of-Global-Financial-Assets_convert_20160702201549.jpg

貴金属市場は希少である。世界の全市場に占める貴金属市場の割合は米粒のようなものである。これほど極小化してきた理由にはペーパーアセットの増幅がある。株式市場や国債市場の肥大化は恐るべきものがある。それに輪をかけて住宅担保証券のような有毒な証券も多数登場した。今や貴金属市場は風前の灯と言ってもよい。ここが見直されないと大きな相場にはならない。さて、ちょうどよい時期が来たと思われるかね?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#50168 デリバティブス
英国の国民投票の影響が顕在化するのが8月、9月。希少な貴金属市場の拡大は、貴金属市場でも市場自体のペーパーアセットの問題に直面することになると考えます。このことがペーパーカレンシーの信用の問題に波及することを私は、懸念する。
#50169 No title
マザーアースさん、おはようございます。

私もそのあたりを想定しています。
#50170 No title
ゴジラさん みなさんこんにちは

金は1980年の9分の1とは。第2次オイルショックのハイパーインフレに金は上昇したし、今回は1929年からのデフレの最高潮と同じく金は上昇するのですね。
#50171 No title
ゴジラさん、おはようございます。
英国のEU離脱はまだ決定ではないわけじゃないですか。
仮にUKが離脱してもスコットランド等分離独立もあり得ますから、
UK自体が分割する可能性もある。
実際、UKの若者600万人があれは間違っていたと署名運動しているらしいじゃないですか?

結局、残留しますよ。
#50176 No title
まねきねこさん、kawaさん、こんばんは。

まねきねこさん、そういきたいところです。

kawaさん、一度民主的に決めたことを撤回するとなるとまた問題になる。どっちに転んでも大事になる。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する