英国の動きはEUの終わりの始まり?

国境がなくなることによる移民流入の問題は想像以上に英国民に影響を与えていた。経営者はそんなことには気が付かなかった。移民に仕事を奪われている労働者の怒りは収まらない。英国のEU離脱は必然とも思える。しかし、こうなるまで分からなかった。ボーダーレスというのは言うほど簡単ではなかったのだ。この問題は一国にはとどまるまい。格差社会と言うが現在は労働者の取り分が少なくなっていて経営者の取り分が増えている。また、株主分配率も上がっているためますます労働者の取り分が少なくなる。そのためボーダーレス化による低賃金労働者の確保は経営陣にとってメリットが大きかった言える。ここにノーが突き付けられた。これは根が深い。この問題は拡散するだろう。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#50110 No title
ゴジラさん、こんばんわ。
これはEU全体のみならず、日本や米国にも関連すると思いますが??
低賃金の奴隷労働がいわいる先進国と呼ばれる国々に浸透してしまった。

我々みたいなの恵まれていると言われてしまうという深刻な問題です。
ゴジラさんの場合は、犯罪者レベルに到達しますよ。
#50111 金融社会
イギリスのEU離脱で社会のお金が溶けはじめたと言うことになるかも知れません。新社会形成と構築のための崩壊。そして、世界の相転位となりますことを祈念致したく存じます。
#50112 No title
kawaさん、マザーアースさん、こんばんは。

日本もこの流れは始まっている。ただ、移民の流入がないと言うだけで低賃金化は進んでいる。私のところも平均勤続年数は少なく私のような長期雇用してもらっている人は希少だ。労働分配率を変えないと不公平感は是正できない。良い方向へ向かうことを願いたい。
#50114 株安、金高
書き忘れていましたが指標は株安、金高になっています。
#50115
こんばんは。
まさかのイギリスがやらかしてくれましたねー。本当に、まさか、でした。
これで米国金利上げは完全になくなりましたし、いよいよ金価格大暴騰の時代が来ますね。
ここのブログの訪問者さんたちは今回の国民投票結果で恩恵を受ける人が多そうですね。
#50116 いい記事があったので貼っておきます
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12174451442.html

今日の日経の戻しとか金の動きをみると先週の離脱問題は、やはりただの政治資金パーティだった可能性が高い。
ただ指標は上がって来ているので金は爆発とまではいかないが地道な上昇といったところでしょうか。
#50117 知らぬが仏
「移民の流入がない」?
生産現場等から言うと、低賃金の外人だらけですが。
新名神高速道路の橋桁が2度にわたり落ちましたが、
これも現場が低賃金=素人の外人で構成されているおかげです。
土建屋関係者からの話では、現場は素人の中国、ベトナム、ミャンマー等だらけで、意思が疎通で工事がまともに進まないそうです。
日本人を雇いたくても、親方自身、自分が食べて行くだけで、せーいっぱいとのこと。
役人が何処も彼処も天下りしていて、中抜きが酷く、まともな賃金を出すことが出来なくなっています。
コンクリートミキサー車のOBに聞きますと、建設現場も余の低賃金でベテランがほとんど居らず素人ばかり。
工事遅くてはかどらず、夏場はコンクリートが固まらないように、水で薄めたコンクリート(しゃぶコン)にせざるを得ないとのこと。
橋も落ちれば、ビルも崩れるを嘆いていました。
もう、中国や韓国のようになりますね。
こちらは四国の僻地ですが、生産現場も研修生名目の自給350円の中国人ばかり。
日本人の雇用は、スーパーやコンビニのレジなどの対人関係くらいでしょうか。
自給は700円前後です。
特に、安倍になってから企業の現場は中国人が増えましたね。
#50118 No title
ソ連崩壊を思い出すと感慨深いです。英国はエストニアに、仏独はウクライナになるでしょう。前者はリスクを百も承知で自由を選び、連邦崩壊の前に円滑に離脱し、2-3年の地獄の後で非常に快適な国になりました。後者は惰眠を貪った挙句に朝起きたら連邦が解散していて、未だに滅茶苦茶。
#50119 No title
みなさん、おはようございます。

日本も世界の流れになかで影響を強く受けている。元に戻すのは骨が折れる。
#50120 ヨタ金さん、ゴジラ様
こんばんわ。イギリスウイスキーが安く買えるのは嬉しいですが。

さて、ドイツ中心のユーロ、別名ドイツ第四帝国もダメですね。まるでタイムボカンの悪役の最後みたいに。笑

ドイツは結構、いいところまで行くんですが、詰めが甘いのか最後でポシャります。

第一次世界大戦でもイギリスを降伏一歩手前まで追い込み、第二次大戦でもイギリス、ソ連をあと一歩まで追い込みながら負けてしまう。タイムボカンと同じパターンを繰り返しています。今回も同じことになるんじゃないかな?

僕はドイツびいきですが。
#50122 No title
Steinさん、おはようございます。

グダグダ言って長引かせようとしていますね。どうなるのかな。
#50127 No title
英独は似ている所も有りますが、本質は正反対で、英国は常に帰納思考で、ドイツは公理由来の演繹ばかりです。こっちは個人の自由とか言論の自由とか、或いは裁判を受ける権利だとかは一応重視する事になっていますが、それも今迄の長い歴史の結果で、そうやったら比較的世の中が上手く回る(コロされる国王や貧乏人が少なくて済む、とか)という経験則な訳です。だから変わり身が早く柔軟なものの、ドイツ人の様に精緻なシステムは作れないから、BMWとトヨタが来ると自動車産業全滅。それと反対にドイツはカイザーの王権神授説とか、ワイマール憲法とか、或いはリスボン条約だとかが金科玉条になってしまって、誰でもそれに従う事が当然だと思い込んでしまい、疑う事を知らないんですね。だからワイマール憲法下で全権委任法が通ると、それが国の破滅まで、単に「合法だから」という理由で機能してしまう。まさに今のEUそのものでしょう。イギリスならあんな馬鹿な物は裁判所に却下されて終了です。どっかの口の悪い奴が、「ドイツ人に帝国の運営なんか無理なんだから、機械工学でもやらせとけ」って言っていましたが。
#50131 No title
ヨタ金さん、こんばんは。

上手く表現するものですね。だからこうなったか。英国は利用できるものがなくなると自力では成り立たない気もするが・・・。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する