1300ドル攻防戦は続く

昨夜の落ち方は凄かったね。1300ドル復帰と思ったらいきなり叩かれた。やはり1300ドルは重要な分岐点である。負けずに再び上げてきている。しばらくこの戦いが続くのだろうか?いや、その前に英国のEU離脱問題が立ちはだかる。トレーダーにとっては面白い相場なんだろうが・・・。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#49980 SIS イギリス情報局秘密情報部
下院議員殺害事件に関わったようです。イギリス国教会がEU残留支持。EU離脱派のエリザベス女王も従わざるをえない。シティも残留支持。ブリュッセルが動いたのであろう。ソロス氏が金鉱株とゴールド、シルバーに動いているので近く、金融が相転位となるのであろう。
#49981 世界史上最大の債務国であるアメリカは
近く破綻し、世界は崩壊する。アメリカの債務の利子は、現在、意図的に低く抑えられている。アメリカの破綻は2018年から2020年までに訪れるだろう。(ジム-ロジャース)
#49982 ユダヤアメリカの最後の攻防
たぶんユダヤアメリカも死に物狂いではないか?

1300ドル以下には抑えたいが、不特定縦数のものが多数買いだした。

言うまでもなくドル回避である。

この流れは、以前のように謀略の数々で好きなようにできた時とは違い、現在のユダヤアメリカでは変えようがないか。

ただ、彼らも必死だし、これから先の事件(イギリスEU離脱、大統領選)ごとに大きく上下するだろう。

まあ、今年一年は見ものだな。

あと、何があってもおかしくないぞ。

覚悟はできてるかな?



#49983 No title
マザーアースさん、うーんさん、おはようございます。

盛り返しているが、抑え込む力も相当なもの。きわどい戦いだ。
#49984 No title
ゴジラ様
出る杭は打たれる、もとい、出るゴールドは打たれる
そんな動きですね。モグラたたきゲームの勝者はどちらなのか!! 一昨日のハンマーが強力だっただけに、ハンマーからしてみればモグラは怖気付くはずだったのに、たった1日で盛り返してきてしまいました。これだけボラディリティが大きくなっているということは、ハンマーとモグラの全力の消耗戦でしょうから、力尽きた側は再起不能になるような完敗になるんでしょうね。いやあ面白いゲームになってきました。

モグラであるゴールド派は反体制派なわけですが、ここでもしもゴールドが勝てば、体制派に付いていた者達の寝返り行為が増えてきそうです。 金の切れ目が縁の切れ目。体制派の連中はそういったつながりですから、金目になると思えばゴールド派へ流れるのは自然の摂理。トランプ支持や英国EU離脱支持も反体制派の動きによるものですが、ゴールドに関しても体制派を揺り動かす世界情勢激変の陰の震源地となるかもしれず、目が離せませんね〜。今まさに、ベルリンの壁崩壊のような時代の中に、我々はいるのかもしれません。
#49987 No title
さとうきびさん、こんばんは。

面白い例えですね。まさにベルリンの壁状態。我々は崩れ去るのを待っているのですから。
#49989 易姓革命
ゴールドが勝つという事は、易姓革命ですね。江戸幕府から明治政府、現在に至るわけですから、今のシステムが瓦解するとすれば、時代の転換点ですから、それを見られる我々は
幸運なのかもしれないですね。
#49992 No title
Steinさん、こんばんは。

そう言ってられる状態であることを祈ります。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する