議事録の魔力に沈む

FOMC議事録の内容には驚いたが、本当に6月の利上げを示唆しているのだろうか?利上げ報道に鈍くなっていたゴールドもあえなく沈みかけた。いや、ショートするための格好の餌に使われたと言うべきか。しかし、今の経済は米利上げに本当に耐えられると考えているのだろうかね。口先介入で現状を維持するのが目的と言うことも考えられるが、6月の利上げ示唆だから期日はあまりにも短いが。これでFRBが動いても動かなくても何らかの動きが出ることは確定したのかな。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#49627 No title
ゴジラさん、こんばんは

「利上げについて議論する」……と言う文言が昨年の11月の宣言文にはあったが
4月の宣言文にはない。……
利上げするぞ〜利上げするぞ〜と言って利上げしない。よーく読むと「条件が」多い。
英国のEU離脱問題、無理に利上して何か有れば喜ぶのはトランプ氏。
利上げは大統領選後の12月に。
#49629 G7 財務首脳会議の総括
ドイツ、ジョイブレ氏。世界経済は数ヶ月前に考えていたよりも良好の発言。日本には、金融政策に偏らず、一層の構造改革をとも。6月の米国の利上げを後方支援と言うところでしょう。来年には、景気が悪くなる予想に世界経済が傾いていることから、このあたりで米国は利上げを見送れば、今年後半に利上げを試みるのは難しいと言う意味でしょう。この夏に、米中緊張、開戦の話もあることから更に金融には注意が必要。
#49630 ハーバード大学プリガムアンドウイメンズホスピタル
4月22日、STAP細胞現象世界各国で特許出願。小保方晴子さんの研究燦然と輝く。
#49632 No title
mirainimukete2017さん、マザーアースさん、おはようございます。

mirainimukete2017さん、私も今回は口先介入だと思っています。上手く使っている。

マザーアースさん、ドイツが良くてもね。その周辺の方が問題です。
#49633 アメリカはインフレの兆しが出ています。
これをどう見るかですね。ただ、銀行は資源関連の不良資産、債権で悩ましい。私は、特段の世界的変事が起こらなければ四分六で利上げがあると考えています。微妙であることは事実ですね。
#49634 はまなす 様
以前にも投稿を致しましたが、ソロス氏が、今までの株式の約40%を処分しながら金鉱株は購入し続けたと言う事実にあります。銘柄は、バリックゴールド。戦争や金融変事を予期していると言うことであると思います。銘柄は、ご参考までに。今年、3月の時点でのソロス氏のポジションとなります。
#49635 米金融当局、信任の揺らぎ インフレの兆しで
3月22日、ブルームバーグでアメリカ国内のエネルギー、食料等のコアインフレ率の問題を伝えています。利上げを先送りし続ければ金融当局の信任の問題に波及、FRBの信任の揺らぎは世界へと波及。このリスクは見過ごせないと考えます。今、開かれているG7や来週の伊勢志摩サミットではタックスヘイブンの問題と主要国の財政政策の出動の問題が問われることと思われます。アメリカ金融当局は、年内4回の利上げの見通しを既に2回の見通しに引き下げています。6月の利上げの見通しは、織り込まれて行くだろうとの考えです。
#49639 6月危機説
イギリスのEU離脱。ギリシャ危機の再燃。これが起こればFRBは利上げが困難。マーケットのアナリストは、米国の利上げは7月大勢。ドイツが、ベルギーの国民に年利5%の特別金利で預金を調達に走る。期間は6月24日まで。ドイツ銀行の苦悩が見える。ドイツバンク危機も再度有りうる。
#49643 No title
マザーアースさん、こんばんは。

それでも利上げ示唆をしなければならない理由は何なのか。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する