電力自由化は必要だったのか?

電力自由化は必要だったのだろうか?最近、そう思い始めた。雑誌でもたくさん電力自由化対策本が書店に並んでいる。さすがに電力会社にとっては死活問題なのだろう。必死でいろんな事をやりだしている。昔は電力会社と言えば超優良企業だった。今でもそうなんだろうが、いかんせん東京電力のイメージが原発事故のせいで悪すぎる。気が付けば電力会社は社会的に悪者のレッテルを貼られている。確かに日本の電気料金は高いので競争によって下がるのは良いことかもしれないが、やはり大手電力会社は日本の基幹企業である。必要以上に体力を奪って良いものなのか悩ましい。ましてや原発停止の機運が出ている現状で不良債権化しかねない原子炉を抱える電力会社に電力自由化は重くのしかかる。エネルギー戦略は日本の生命線である。大手電力会社の立て直しが先であり、電力自由化は後で良かったのではないか?方向性が定まらないままに自由化に持って行ったのは混乱を招くだけのような気がしてしょうがない。さて、何が起こるのだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#49099 東電、関電は経産省の天下り先。
( ノ゚Д゚)こんばんは

カラクリは以下の通り。
https://www.youtube.com/watch?v=fLpKR2ysJQ8&nohtml5=False

では($・・)))/
#49101 エンロン
ゴジラ様

エンロンの二の舞にならないですかね?
#49103 No title
picachu1234さん、Steinさん、おはようございます。

picachu1234さん、いろんな見方があるんですね。

Steinさん、あれは最悪の事件でしたね。
#49104 電力自由化の核心は
発電と送電の分離。これなくして本来の自由化とは言わないでしょうね。
#49105 No title
マザーアースさん、おはようございます。

難しい問題ですね。
#49106
ゴジラさん、こんにちは。
特に。電気、水、海外勢力に入り込まれると、非常に危険ですね。
日本の電力自由化も、その勢力が動かしてきたのかも?
#49107 No title
外野席さん、こんばんは。

私もそういうところを危惧しています。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する