FC2ブログ

インフレの恐怖、原油価格は150ドルへ?

ジム・ロジャース氏はFOMCによる利下げは間違いだったと指摘した上で、世界中の農産物価格を「急騰」させ、ドル安加速とインフレ高進にもつながるとの見通しを示した。

同氏はFOMCが18日に大幅利下げを実施したことについて「ワシントンの道化師たちは世界に向けてドルのことは気にかけないとメッセージを送ったようなものだ」と切って捨てた。

1999年に正確に予想した商品価格の上昇については、あと15年続く可能性があると述べた。その間に原油価格は1バレル=150ドルに達するかもしれないとした。2005年には商品の強気相場が2022年まで続くと予想していた。

*今のドル安は止まらないのだろうか?商品価格の上昇は最終的に景気後退をもたらす。原油価格150ドルは問題である。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する