伸び悩むゴールド

ゴールドは伸び悩み始めましたね。重要なところで水を差されて重たくなってしまった。バブリ気味のダウとは対照的とも言える。しかし、下げていかないだけ状況は以前とは異なる。FOMC前にゴールドが下げてきたのはもしもの利上げリスクを想定してのことか?各国が量的緩和(マイナス金利の時代)に突入する中で量的緩和からの脱出を試みるFRBだが、出来ないと分かっていてもそぶりは見せなくてはならない。これが本当に無理だと言うべき時が何時なのか興味があるが、早急にはっきりしてもらいたいものである。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#48879 三連休中に世の中の情勢が変わる事もある
週明けのマーケットは、要注意。
#48881 No title
マザーアースさん、こんばんは。

静かすぎますからね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する