じっとしているゴールド

周りが騒々しい中で比較的動きの少ないゴールドだが、やや不気味な感じがしている。上がるなり下がるなりしていたほうが納得がいく気がする。ゴールドはかなり狭い範囲で膠着状態にある。上がりそうだったが、落とされたので今のレベルに落ち着いてしまった。居心地が良いのだろうか?原油のダダ滑りと比べると平和感すらある。株式も見ての通りだからいかに現状の危機感が強いかということだが、それをゴールドが全く反映していないことになる。まだ、この状態が続くのかというところである。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#48139 No title
ゴジラさんこんばんは
【自動車販売数水増し】
15日モーサテでも放送されてましたが
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2680255.html

【雇用統計も水増し】
米財務省の元幹部のポール・クレイグロバーツは、この雇用統計が粉飾されていると指摘している。27万人の雇用の増加分の54%にあたる14・5万人は、実際の増加でなく、企業の創業によって増えた雇用数と、廃業によって減った雇用数を、数値モデル(birth-death model)に基づいて概算した「みなし」の増加分だ。リーマン危機後、米国では新規創業する企業が減っており、このモデルは実態と合っていないとクレイグロバーツは指摘する。 (Another Phony Jobs Number)

賃金の上昇は最低賃金の上げによるものだし………どうしても利上げしたいのかなの……

ブロック経済の時代じゃないので、アメリカ一国だけが景気が良いとは考えられない。
#48140 No title
mirainimukete2017さん、こんばんは。

それが本当であるのなら大変ですね。そこまで酷いと何を信用してよいのか分からなくなる。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する