fc2ブログ

利上げと米国債

最近のドルは強いですね。完全に利上げを織り込んでいるかのようだ。だが、米国債は不思議と何かに支えられているかのように見える。世界的な株価の不調、特に中国などに助けられている側面があるとも言われている。ここまでは米国の一人勝ち的な動きであった。しかし、利上げに伴って金利は大きく影響を受けるだろう。ここまでの動きとは違った展開が来月は訪れると見ている。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#47684 ファミリービジネス
国際金融と戦争はファミリービジネス。結果的にテロ対策費用と軍事予算の暴騰からドル高、ユーロ安。ドル調達コストの増加とドル不足から新興国は資金不足に悶絶。国際金融は、荒れるでしょうね。必然的にペーパーマネーは劣化し、インフレとデフレは、当面は綱引き状態。均衡を破り、トリガーとなるのは、気候変動と世界的な戦乱。いずれ、国際社会は財政と金融の破綻に至る。アメリカの利上げは、世界的動乱の予兆となるように思えてならない。
#47686 No title
マザーアースさん、

ファミリービジネスとは笑えないですね。しかし、現状は新興国には厳しすぎますね。利上げは大きな障害になりそうです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する