下がる原油はどうなる?

下がる原油は我々にとってはありがたいが、いつまでこのまま行ってくれるのかは気になる。広瀬さんのところで上手くまとめてくれているので引用する。個人的には安い原油はもう戻ってこないと思っていたので意外に思っているが、米シェールオイルの影響がこれほど急激に現れるとは予想外であった。これが意図的なのか偶然なのかは分からないが、結果的に資産の移転が起こっている。これまでの世界は原油高による資産移転が中東に向かっていたが、シェールオイル革命により逆転現象が発生した。問題はきれいに米国に戻ったのかどうかだが、このレポートでは分からないことである。恐らくそうなのだろうが・・・。

http://markethack.net/archives/51989116.html
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#47625 No title
ゴジラさん、皆さんお早うございます。
ハリー・デント・ジュニアの「最悪期まであと2年!次なる大恐慌
人口統計が教える消費崩壊のシナリオ」(2010年1月)
人口統計からの視点で
原油は100ドルを以上になるかもしれないが2012年〜2020年にかけては10ドル〜40ドルのレベルに戻る可能性がある。
また、2020年には商品バブルになる可能性ががある。(104ページ)
金利が低く、アメリカの消費人口が2023年までは増えないので株に資金が回らずコモディティに資金が回るのでは……
この本は今でも買って読んでも価値がありますよ。
#47626 ロシアは、、来年、財政の破綻の危機
アメリカのシェールオイル、ガスの供給はとまらないでしょうから供給国は、厳しいでしょうね。原油価格は、40ドル近辺をうろつくのではないでしょうか。
#47627 No title
名無しさん、マザーアースさん、こんばんは。

名無しさん、懐かしい本だ。すっかり忘れていましたよ。

マザーアースさん、そうなると中東はすべての資産を吐き出すことになるのかもね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する