景気後退でも打つ手はない

いよいよ日本は景気後退の影が忍び寄ってきた。しかし、景気後退になろうともすでに打つ手はない。強烈な金融緩和は何のためだったのか?あれだけの金融緩和でも景気を上向きにできないということはもはや構造的な問題と言える。しかし、ばらまいた資金は回収しずらい。これから副作用が出るとしたら大きな問題である。米国よりも日本の方が先におかしくなってきた。しかし、米国もやっていることは同じである。遅れて同様の状態になると見ているが、いかがだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#47558 No title
EXITが全く見えませんね。
というか利上げなんてしてどうやって回収するのか?
タックスヘイブンの金を大資本家かおとなしく差し出すとも思えませんし
日本のアベノミクスのように「10年インフレ10倍計画」も国内建てでないから無理です。基軸通貨が裏目に出てます。
ある意味、今までの量的緩和による世界ドル安がインフレ政策ともいえなくもないですが
金が中露やケイマン諸島に逃れただけです。
しかも今までのアメリカはスタグフレーションではありませんか?

あとは「戦争」しかありませんが
「勝利」プランが全く見えない。
これは借金を踏み倒す計画ではありませんか?
金を安く買い叩く為に。

どっちにしろゴールドの対ドル対円が暴落しようがドルと円の債権が紙切れになれば全く意味がない。
ソロスらは対中対露や中東との取引も見越してるんでしょう。
そうでなくとも中露インド中東が金を買い漁ってますし。

もうアメリカが中国に核を撃ち込むぐらいしか「勝利戦略」が見えませんが
果たしてどうするのか?

パソコンはモニターをEIZO社にするといいですよ。
#47559 No title
お手並み拝見さん、こんばんは。

まともな答えが見えてこないと言うことですか。本当にどうするのかね。
#47563
アメリカは利上げすると思ってますけどね。
で、世界中にぶちまけたドルを回収して下り坂になった新興国から更にドルを引き上げさせてアジア危機の再来ですよ。
でもってムチャクチャになった新興国のめぼしい企業をユダ金が買収するという・・・。加えて下り坂の中国がこのドル高にドルベックできるか?という試金石にもなります。世界第2位の経済大国だとか言いながらドルベック制を布いている中国の事をアメリカは何とかしたい訳ですから。
#47565 No title
けろろん星人さん、こんばんは。

利上げは危ないと思う。それだとますます米国離れが進む。中国が台頭してきたのがよくわかる。しかし、中国が今後どう出るのかは難しい選択になる。
#47567
そこでTPPですよ。
TPPに参加してる国には危機に陥ってもちゃあんとドルを融通しますよーとやる訳です。
もう、あれは踏み絵ですからね。
アメリカ側に付くか?どうか?の。
ドルが基軸通貨としての地位を守れるか?どうか?の通貨戦争な訳だから。
やっぱり顰蹙買ってでも利上げはやると思ってます。

やらないと金も次のステージに行かないと思うんだけどねぇ。
#47569 No title
けろろん星人さん、おはようございます。

なるほど、どうなんでしょうね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する