12月にこだわるイエレン?

近々の利上げ観測で神経質だった金価格はどうもイエレンが12月の利上げの可能性はあると言ってからさらに神経質になっているようだ。なぜ、イエレンは12月にこだわるのかよくわからないが、急ぐ必要があるのだろうとは推測する。現状で何か起こってもFRBが打てる金融政策はほとんどない。金利がゼロにへばりついている限り、何も打つ手はないのである。QEはすでに無力化しているのかもしれない。そのあたりに不安があるのか、それともQEの真の副作用が迫っているのか、よくわからぬ。必要以上にコメントしているところに不自然さを感じずにはいられない。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#47504 No title
利息が支払えないからでしょう。
いくら借金の額を増やしても海外から借り入れてるので日本と違ってドルを刷りまくってインフレ起こしまくるわけにはいきません。
日本の保有分米国債も株もはもうこれ以上、日本の個人資産である貯金も郵貯も全部差し出してるのでアメリカには貢げません。チャイナも拒否したのでバブル崩壊です。次は戦争か切り替えか。
#47505 No title
お手並み拝見さん、こんばんは。

差し出したお金はきれいに返してほしいものです。戦争も勘弁ですね。
#47507 No title
ゴジラさん、みなさん今晩はです。
なんだかカネでカネを儲けることに専念の連中(具体的には私には分かりませんが、世界銀行資本勢力とでもいうのでしょうか)が印刷機フル回転の前代未聞の大量増刷の紙幣でもってゴールドの価格をねじ伏せようとしていますね。
フェルディナント・リップスが2001年に著した「いまなぜ金復活なのか」(邦訳は2006年)と同じ状況が、もっと大規模かつ露骨に出てきていると思います。
いよいよ、終幕の始まりか。
無辜の市民の財産・生命が少しでも損なわれないようにと願っています。
#47508 インタレスト
世界中で金利が上昇をし始めている。12月アメリカの利上げ観測であっと言う間の円安。サウジアラビアでは原油安から公務員の給与も支払えず、財政の破綻。新興国の資金不足と流出はさらに続き、世界の経済情勢に大きな影響を与え市場経済の根幹を揺るがすよね。翻って、中国の南シナ海の問題は、軍事衝突が起こり、敗戦となれば、国外問題が国内問題となり、中国共産党政権の体制危機の問題をはらむ。
#47510 No title
taiyalさん、マザーアースさん、おはようございます。

どうも利上げ方向で外堀が埋められつつあるような気がする。市場にも強引に織り込ませる狙いがあるのかな。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する