デフレ感が強くないか

FOMCが終わり予想通り利上げは見送られた。しかし、年内の利上げには含みを持たせた。年内の利上げが既定路線のように取り上げられるが果たしてそうだろうか?世界的に景気は下降線をたどりそうな雰囲気が出ている。また、デフレ感が非常に高まっているのが重苦しい。米国も同様でドル高が足かせになりつつある。この状況で利上げが可能なのか非常に疑わしい。ドルは身動きがとれなくなりつつある。政治的な調整が必要な気がするが、プラザ合意のような強引な手法で解決することがあるだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#47423
ゴジラ様皆様今晩はです。
最終的には、世界中のマネーを消すんじゃないでしょうかねぇ?だからすべて電子にした理由があると思ってます。
その後の事も考えてるんでしょうけどねぇ(^^;
#47424 No title
クロノさん、こんばんは。

金融工学の導入により、現在のシステムの寿命を著しく縮めたと思っています。これは自然に回復できるものではなく、政治的な判断が必要になってくると考えています。
#47426 No title
ゴジラさん、皆様お久しぶりです

これは事実上の「戦時国債」ではありませんか?
マイナンバー始め電子化は金の流れを把握する為でしょう。
ゴールドは通貨の「担保」にすぎません。
バフェットやモルガンを挙げるまでもなく
ゴールドが上がるということは通貨ドルが終わるということです。
「脱税」をして資本を集める為に資本家は新興国に投資しました。
しかし、よりにもよって露中なのでいくらリスクを取ろうが
間に現地人のバイヤーを挟もうが
借りた金、とういう買った「利権」は「再国有化」によって返しません。
バブルという投資熱も冷めました。
あとは軍事力で取り返すしかありませんが
オバマとクリントンは国内の寄生虫(資本家)と戦っている。
しかし彼らのボスも資本家です。
中露には協力して欲しいがおそらくしないでしょう。
これは彼らにとってチャンスです。
しかし非常にリスクを伴うチャンスです。
アメリカも苦境に立ってます。
同盟国日本と韓国や北朝鮮・中国・ロシア(とアメリカ?)の破壊と再復興(統治)が狙いなら最悪です。

おそらくロシア本土には手は出さないでしょうが、わかりません。
ロシアもアメリカに核ミサイルを撃ち込むかはわかりません。
少なくともプーチンは「撃つ用意がある」と警告してます。

核シェルター率の高さと
同時多発テロのニューヨーク取引所の封鎖シュミレーションは一応済んでます。
イラク戦争で産油国への侵攻と占領シュミレーションも一応完了してます。

クリントンはゴア枠として世界大戦に内心反対しています。
日本は高齢化で失うものが少ないです。
#47427 No title
11月3日 11月5日 アメリカの債務問題は解決したのですが、そのほかに何か、この両日にあるのでしょうか。日本と世界と・・・のブログに書かれてありましたが。
 11月4日は日本郵政上場予定日です。JT上場の時もそのあと株は下がりました。今回はどうなるのでしょう。
#47428
実は私は金融工学のおかげで今までまだ今の金融は生き延びられてると思ってます。
本来ならニューヨークの金融センタービルにジェット機が突っ込んだあたりからおかしくなってたはずです。
アメリカは世界に先駆けてQE3まで既にやりましたからね。出口戦略を世界に先駆けて考えるのは当然でしょうがなかなか難しくきな臭い局面になってきましたね。

この際だからスエーデンやデンマークみたくマイナス金利とかやってみるとか。でもさすがに$はやれないか。
#47430 No title
みなさん、おはようございます。

戦時国債か、なるほど。債務問題は先延ばしに成功しましたね。目先の大きな問題は一応消えたことにはなりますが、無事に年を越せるかな。
#47431
あれ、バリックゴールドはあまり下げてないですね。
ゴールドコープは、よく下げてますが。
#47433 No title
パニックゴールドさん、こんばんは。

理由は分からん。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する