ドル高がネックだと言う意見

現時点において世界経済における最大の問題点は何だろうか?いろいろあるが、一つ上げると何になるだろう?私はドル高だと考えているのだが。ドル高により商品価格は影響を受け、新興国は困窮している。特に原油価格は酷いものだが、よく我慢しているものである。また、新興国のドル建て債務も膨れ上がり厳しさを増す。米国自身もドル高は負の側面を持ち米企業の輸出に悪影響を与える。さらにTPPにも影を落としており、政策的なちぐはぐさを露呈している。だが、ドル安になる見込みは薄くなっているかのように見える。世界を見渡すとドル高の被害を受けている国は多く、ドル安を願っている可能性が高い。つまりドル切り下げを行うチャンスが来ているとも言える。米国は一気に債務圧縮までできるチャンスなのである。さて、どうなるでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#47413 短期イベント目白押し
指数先物やFXをやっている人は、実にチャンスがボラリティと比例しているので、心地よいのではないかと?今はそれでいける人はいければいいと思います。明日の事がわからないなら、今は据え膳を腹を据えて喰うのみです。誰かさんのように。

取り敢えず、今日は相場は動きませんでした。ゴールドがなんか動きました。
#47414 ドル切り下げですか。
ゴジラ様 こんばんは。

ドル切り下げは、仮定していませんでした。
ドルは、切り下げても物の値段の唯一の尺度としての
機能を保持し続けられるのでしょうか。
1mがある日10cmになったら大混乱ですので。

米国債の格下げも、びっくりした事を覚えていますが、
ゴジラさん、瀬戸の花嫁さん始め、大方の皆さんの
予測通り、あの時は確かに何も起こりませんでした。

けど、さすがに通貨の切り下げは、混乱が尋常じゃ
ないと思います。

ある意味基軸通貨の放棄とも受け取れると思いますが、
ゴジラさんは、切り下げの可能性高いと思いますか?
#47415 No title
FOMCで利上げしようとしまいと、ドル高は既定路線であることが今回示されました。ドルを買う勢力がどこなのかさっぱり分かりませんが、米国やドイツの投資銀行が延命措置のために行っているというのが自然でしょうか。末期患者の延命装置を外したくない人々のあがきがいつまで続くのか。終わるときは一瞬でしょう。

その時はこれまでの悪事がバレて逮捕される人達が多数。賢い人達はとっくにトンズラしているのでしょうね。悪人達は焦ってますよ。
#47417 No title
みなさん、おはようございます。

ドル切り下げは可能性はあると思いますが、その後、どうなるのか想定が難しい。対応策がなければ踏み込みにくい手段ではあります。しかし、債務圧縮も同時にできるため有効な手段です。
#47418 逮捕じゃないよ
さとうきびさん

逮捕じゃないね、処刑だよ。
#47419 ドルの裏づけ
山口組分裂騒動で賑わっている昨今ですが、山口組が日本最強の暴力団で山菱の代紋はその世界では最高級のブランドであり、シノギをする面でも非常に有利です。

数十年前に山一抗争が勃発した際は山口組を離脱した山本広、加茂田重政など有力な幹部が離脱して一和会を結成しましたが、山口組のブランドが強く当初は山口組を上回る六千人の組員がいましたが、徐々に切り崩され壊滅しました。

顧みるにドルの裏づけとはその最強の軍事力でありますが、イラク戦争以降の米軍の惨憺たる状況を見るとアメリカを裏切りつつある国家が出始めているのではないでしょうか。喧嘩に弱く、最大の暴力団は有り得ず、弱い米軍に強いドルは有り得ない訳です。

身近な事例と比較してみると意外な見方ができるかも知れません。
#47420 No title
>数十年前に山一抗争が勃発した際は山口組を離脱した山本広、加茂田重政など有力な幹部が離脱して一和会を結成しましたが、山口組のブランドが強く当初は山口組を上回る六千人の組員がいましたが、徐々に切り崩され壊滅しました。
 あの時は真珠湾攻撃に成功したようなものだったから、山口多聞が主張したようにもう一回攻撃をすることだったが、似たような精神だったから、攻撃をせずに、アメリカにやられたように、やられた。あれは一面銭の戦争だった。多分彼らも日本人だから山本と同じような精神で、したでしょう。当時、テレビで見たとき、思わず<もう一回攻撃しないとやられるぞ>と思った。
 大体日本がアメリカをつぶすという腹で戦争をしたわけではない。亜米利加はいい悪いはべつとして、ひとつの理念を元に行動をする。その理念は何かを把握することで、ユダヤがどうのこうのではなく、別の見方をすることでしょう。アメリカもユダヤのように約束の地ならぬ、ひとつの理想を世界を求めているから、結果としてユダヤと似ることになる。
 またアメリカの世界が来ますね。とにかく大国だから、物差しが違う。
 
#47421 No title
Steinさん、kenjiさん、こんばんは。

なかなかまとまりませんな。両極端な見方はあってもよいとは思うが・・・。
#47422 であるならば
kenjiさん

通貨の強さは国力の強さを表していると思いますが、ニクソンショック以降、1オンス35ドルがなぜ今1000ドルを超えているか説明してください。笑

そうしないとkenjiさんの説明は説得力を持ちません。
#47425 No title
ドルの裏付けとして思い付くのは:

1.技術先進国の欧州の事情で、ある程度上質な移民が大勢行って、人口が増えた。
2.人口が増えて、それで産業も発展した。
3.資源があった。
4.金本位制で、生産しないと儲からないから、製造業が盛んになった。
5.一応は個人の自由が尊重され、社会保障も無く、税金も安かったから、非生産的な部門に浪費しなかった。
6.常備軍が小規模で、軍事費が小さかった。
7.それでも動員力が物凄いから、イザという時に頼れそうな気がしたし、実際に一応は敵を皆殺しには出来た。
8.それなりに賢そうな奴が代表していた。
9.WASP的な清貧と勤勉

この中で、1は今や三流国の流民ばかりで、唯々員数だけ増えている状態。5は911以来の順調な自滅の挙句、今度のシリア危機で終了。4と5が終了して、人口増が生産量に繋がらず、2も終わり。3は原油価格のドル決済が風前の灯で前途に暗雲が。6は1941年12月7日に終了。7は中東で無能さを満天下に晒して終了。8はファシスト化によるメディアの堕落と、社会全般の寡占化でダメになり、今や自然淘汰が効かずにバカ過ぎる連中ばかり表に出て来る状態(大統領候補とか)。9も今や昔で、どこを見てもデブがピザやコカコーラ入りのバケツに頭を突っ込みながらSUVとかいう戦車モドキに乗っていやがる。どんな帝国でも、単なるアホで迷惑な嫌われ者になったら終わりです。どうも我が金貸し国も「馬鹿で粗暴な従兄弟」と微妙に距離を置き始めている感じが濃厚なんですが、どうなりますやら。
#47429 No title
Steinさん、ヨタ金さん、おはようございます。

なかなか次が思い当たらないのは問題ですね。
#47432 >#47422 であるならば
石油はその昔1.5ドルだった、いろいろなものを比較しないとわからないと思う。依然としてアメリカということは食料と石油と石炭がありそれらをつかう技術がある。また開発力がある。現在使われているシステムのほとんどがアメリカ製である。いざとなればアメリカ人は愛国心がアル。日本人にはないことは先の戦争で示されている。
 ドイツが難民を受け入れるということはもう人件費を低くしないとやっていけないということで、戦争による敗北時よりはるかに悪いのでは?
あの時はV2があった、ジェット機があった。静穏潜水艦が合った。今回何がある。ごまかして9年たっても排ガス規制突破はできなかった。
 亜米利加は馬鹿のようでも、原則をはずすことはある事はあるがマア守ると私は見ている。
 とにかく第三次世界大戦の一部としてみることで、それは思想戦でもアル。わが国に何の思想がある。天皇陛下か?冗談じゃない。私は昭和天皇を深く敬する者だが。先の戦争の後付のようにこれから何か言うつもりか?
 隣国はろくでもない国々ばかりであるわが国、しかも昂然とそれらの国を攻撃しない。ロシアがISを攻撃するように攻撃しない。
 依然としてわが国は鎖国時代と同じで、わが国政府には理念などない政府でしょう。明治以降はわが国において例外時だった。今回もいろいろアドバルーンを揚げているがみな同じたちのものに過ぎない。
 足元を見ることです。アメリカの時代がまたくる。多分すぐそばまで来ている。
 わが国の社会文学系の国内把握は私は間違っていると思う。一例を挙げればわが国には政党があるというが自民党民主党などは西洋政治思想の政党ではない。あれは別物でそのように認識した政党論がない。
 はっきり書くとみな公明党と同じ原理でできているに過ぎない。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する