ドルの行方で世界が決まる

K-Dollar_convert_20151023225338.jpg

ドルは分岐点に差し掛かっている。上に行くか下に行くかで世界が変わる。GSの言うゴールド弱含みはドル高を意味する。即ち上に向かうと言うことである。さて、上手くいくだろうかね。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#47371 まあ奇々怪々です。
( ノ゚Д゚)こんにちは

小生が尊敬しているジム・ウイリー氏に
よりますと、ドルは上昇してさらに上昇して
突然消え去る。といっております。

突然消え去るは分かりますが、
なぜ上昇を続けるのか今ひとつ
意味が理解できません。

関係しているとすれば米国債ですが
今ひとつ紙幣と国債の関係が理解できません。
国債は一般の人から見るとまるで
関係がありませんから・・・・。
裏ではとんでもない事が進行している
とだけは言えるのですが・・・・・。


習近平主席がイギリスを訪問しました。
これはもうすでに水面下ではドルは崩壊した。
または崩壊状況である。と断言していいでしょう。
つまり通貨戦争の大勢は決したのです。

妄想でしょうか?

少なくともイギリス政府とロンドンの金融街は
完全にウォール街と袂を分かったと
見るべきでしょう。
つまり金融界の山口組の分裂です。

今後の世界金融はアメリカに変わり
(´ε` )獄が一定期間牛耳るでしょう。
好むと好まざるとにかかわらずそうなるはずです。

日本の臨時国会は開かれません。

来るべき金融崩壊に備えてスケジュールを
開けているとしか小生には見えません。
そして(´ε` )獄の進出に危機感を
持っている中央アジアの国々への歴訪です。
もしかして、使わなくなったドルの
準備金を配って歩いているのかな???

とにかくどこの国のやることも、奇々怪々です。

では($・・)))/
#47373 No title
picachu1234さん、おはようございます。

相場として動いているのではなく政治的に動いているからではないですかね。よくわからないことは多い。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する