ゴールドを撃つGS

GSが再び12月利上げ説を展開。ゴールドは打撃を受けると力説している。労働市場の改善を指摘しているようだが、時期尚早のようにも見える。見方としてはインフレとの関連からかなり早めの時期に利上げする必要があると言う。それが12月なのだと。むしろドル高の米国はデフレリスクも同時に考えた方が良いようにも思える。確かにQEからの引き上げという問題を抱えていることを考えれば利上げの必要はあるが、世界的な経済状況も考え合わせると米国の早期利上げはかなりのリスクをはらんでいる。ひょっとすると予防箋をはって動きを注視しているとも考えられる。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NWLTER6JIJV801.html
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#47363 次はイギリス?
こんばんは。
中国もドイツもやられました。
#47364 No title
キングジョーさん、おはようございます。

日本以外は味方がいなくなりますよね。どうするつもりなのかね。
#47365
おはようございます!
突然始まったドル高。ゴールドが上がってくるとやっぱりドル高が仕掛けられますね。でもその勢いもどうも弱ってきてて、今週ドルがこれだけ上がったのにゴールドがほとんど下がらない。
金価格の青天井の上昇がいよいよ近いように見えます。
#47366 No title
日米で仕切るようにすることですよ。これが一番いいが、いまわが国は支那朝鮮ロシアから攻撃を受ける体制になっている。これ状況を見れば常識。軍事配置はどのようかは知らないが、この三箇所から同時攻撃を受ければ、まず北海道は現状では多分無理、対馬は朝鮮半島南部は攻撃範囲だからまあいいが尖閣沖縄は南シナ海が中共にしはいされれば、それでおしまい。本土は太平洋で補給を確保すればいいがコストが三倍でしょうね。
 大本は中東で事が起きてからですが、中東で事が起きて、何かできるのはヨーロッパとロシアとアメリカ。
 ロシアは橋頭堡を築いているからこれは有史以来の激変です。これがどれだけ衝撃がおおきいか?
 早く国内を戦時体制にしないとおおぞんするなあ。
アメリカのように社会が平時と戦時を区別しない体制なら、現状でもいいが、それはアメリカを真似したものというより、江戸時代の体制に過ぎない。
 わが国は小国というより社会体制が戦争に向いていないから、明治政府が苦闘したことと同じ苦闘を現政府とわれわれはしなければ成らない。
#47367 米連銀
国有化されたとの一部の情報。ホームページで確認できるようだ。なるほどガバメントとなっている。
#47368 中国は俎板の上の鯉?
習さん、英国でかなり辱められているようですね。
南シナ海では、米軍が実力行使に出てきます。
米国は英国の暴力装置ですから、
米英の掛け合いで中国を料理するはずです。
中国もインドも元々英国の植民地ですから。
中国、インドが溜め込んだ黄金を頂いて、英国主体の金本位制復活かもしれませんよ。
渡さなければ、中国から戦争を仕掛けさせて、
賠償金として黄金を持っていくかも知れませんからね。
#47369 No title
みなさん、こんばんは。

まなぶさん、相変わらずの強気ですね。

kenjiさん、簡単にいかないのが今の難しいところです。

マザーアースさん、まるで司令塔のようで気分が悪いですね。

通り縋りさん、包囲網と言うことですか。
#47370 No title
中国は物凄い量の金を溜め込んでいますね。
現在、西洋の金がスイスを通じてインド、中国に流れ、
中国が3万トン以上溜め込んでいるという情報があります。米英が黙って、中国やインドが、次期覇権国になるのを見ているでしょうか。
情報、金融、さらに米国と中国の圧倒的軍事力の差。
アフガン、イラクで痛い目に会った米国はは多くのことを学び、戦略を大きく変換しています。
愚かな韓国は、米国、日本が衰退をはじめたを勘違いし、中国に擦り寄りましたが、日本が中国、韓国と手を切れば、両国ともに自国でまともに車のエンジンひとつ作れません。
たとえば、ベトナムは中国に対して海軍力ではとても対抗できませんでしたが、米国と組むことで、潜水艦に日本製の射程距離50キロの最新鋭のスマート魚雷を手にします。ちなみに、中国海軍は射程10キロの単なる魚雷です。これは単なる魚雷です。
日本製の最新魚雷の水深900mまで耐圧があり目標の真下で垂直に上昇する避けようのない恐ろしい代物で、日米が採取した中国の艦船のスクリュー音を識別し自動的に追跡破壊します。
中国海軍の居場所は、米軍の人工衛星や無人偵察機によりベトナム海軍に連絡されますので、ベトナムの潜水艦は安全地帯から攻撃できます。
中国が圧倒的軍事力を誇る南シナ海が中国海軍の墓場に
なります。
経済金融面においても、中国は米英日連合軍には適わないでしょう。
下手に抗うと却って、酷い目に遇うでしょう。
TPPも対中国の要素が多大ですが、変わり身の早い国ですから、中国も国内で粛清を断行して、参加してくるかも知れません。
哀れなのが裏切り者の韓国です。
再度、南北で戦い北朝鮮に併合される可能性があります。
#47372 No title
通り縋りさん、おはようございます。

世界は大きく動こうとしている。勢力図に変化が起こるときが近いのでしょうかね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する